エントリーシート リクおじさん

エントリーシートって何?就活を始める前に知るべきことまとめ

エントリーシートって何?就活を始める前に知るべきことまとめ

この記事の要点!

  • エントリーシートでは、人柄、ユーモアが問われる
  • エントリーシートは最後まで読んでもらえないから、先行結論型で書くべき
  • 最初の難関にして、最後までつきまとうので、その場しのぎの意見ではだめ
芋木坊太郎
芋木坊太郎

「就活始まったらエントリシートを書かないろいけないらしいんだけど、そもそもエントリシートって何なの?」

こんな疑問に答えます。

エントリーシートって何なの?

エントリーシートとは何か?を就職活動中の学生に聞くと、

「一次試験を通過するために必要な切符みたいなもの」

なんてユニークな回答がありました。

たしかにここを通過できなければ、その時点で試合は終了ですからね。間違いではないです。

ただ、筆者から言わしてみればエントリーシートとは、書類選考に必要な提出課題であります。

つまり、就職を目指す学生に、企業側が最初の課題を課して、今後活躍できる人材か?否か?という点を見定めているのですね。

エントリーシート=履歴書?

まだ、就活を初めていない学生のなかには、エントリーシートと履歴書がごちゃまぜ、あるいは同じものくらいの意識がある人が多いように思います。

確認として言っておきますが、エントリーシートと履歴書はまったくの別物です。

履歴書は、基本的な個人情報に加え、学歴、職歴、持ってる資格という、個人情報+バッググランドのようなものが問われています。

それに対し、エントリーシートは学歴や資格にではわからない「人柄」「ユーモア」なんてところを問われていると考えるといいでしょう。

エントリーシートから企業はなにを読みとってるの?

人柄、ユーモア、これらをどのような質問から読み取っているのでしょうか?

例文から見ていきましょう。

あなた自身のことや持ってるスキルに関して

当たり前ですが、新卒社員として入ってくる人に企業が期待しているのは企業に利益をもたらしてくれることです。

例として大げさな話しをすると、理系でプログラミング能力を完璧に身につけた学生がきても、新規開拓で1日中外回りをするような営業マンが欲しいる企業からしてみれば、求めてる人材からはそれてしまいます。

エントリーシートを送ってくれた学生が、自社に利益をもたらしてくれる人材なのか?否か?を企業は以下の質問で確認します。

・自己PRしてください。
・長所はどういった点ですか。
・短所はどういった点ですか。
・長所をさらに伸ばすために行っている事はありますか。
・短所を改善するために行っている事はありますか。
・他人には負けない自分の一番の強みは何ですか。その強みが活かされた、
過去3年以内のエピソードに触れて説明してください。
・チャレンジしている内容を教えてください。
・成功体験を教えてください。
・成功から学んだ事を教えてください。
・「挑戦」や「創造」をした経験を具体的にお答えください。。
・重要なものを達成するためにとったリスクは。
・独自の革新的なアイデアで従来よりも良い結果を得た経験を述べてください。
・同時に複数のやらなければならないことが発生したとき、どのように対処しましたか。
・リーダーの役割を担った経験について具体的に説明してください。
・「これだけは!」と人に自慢できるものは。
・自分自身を新聞の見出し風に書きなさい。
・あなたはどんな人ですか? 小学生にも老人にも分かるように説明してください。
・趣味について教えてください。
・将来の「夢」を教えてください。
・自分の適性・セールスポイントを教えてください。
・変革力を物語るようなエピソードを具体的に教えてください。
・あなたという人間の魅力が分かるような自分史。
・自分を一言で表現してください。またその理由を教えてください。
・最近一年間の、貴方の「喜怒哀楽」体験を具体的に書いてください。
・自覚している自分の特徴について簡潔に述べてください。

引用元:キャリアパーク就活様より

仕事に対する向き合い方・やる気に関して

どんなに能力があっても、やはり仕事に対しての熱量がないことには継続して仕事をこなしていくのは困難です。

それを確かめるためにも、「この会社で実現した未来」というテーマにそって、3年後は〜10年後は〜、会社に入ったら〜なんて様々な角度から、あなたの熱量を測ってくるでしょう。

・あなたは会社に入ってどの様な貢献ができますか。
・3年後のあなたのある一日を記入してください。
・3年後のあなたのキャリアプランについて自由にかつ具体的に表現してください。
・10年後の自分は何をしているか。そのためにはなにしますか。
・入社後「好きなことをしなさい」何をやりますか。
・当社で具体的にやってみたいこと。
・当社で将来的に実現したいと思う夢や目標を教えてください。
・入社して10年後、どのような仕事をしていたいですか。
・将来「どのような場でどのような仕事」をしたいですか。また「どのような人」になりたいですか。
・当社で『仕事を通じて実現させたい夢』を教えてください。
・もしも入社したら、入社後どのような貢献をしてくれるのか。

引用元:キャリアパーク就活様より

発想力に関して

最悪、就職活動をしていない段階でも、以上のようなことでしたらなんとなく聞かれることは容易に考えれますし、実際にどこの会社に行っても同じようなことを質問されるものです。

事前に準備することは大切ですが、事前に準備されすぎても、企業が見たい就活生の「素」の部分が見えなくなってしまいます。

そのため、企業は少し意地悪だな〜なんて感じるような、ひねった質問をしてくることもあります。

・当社に新商品を提案してください。
・当社のブランドや具体的な製品を1つ取り上げ、どのような改善をするか教えてください。
・最近もっとも関心を持った当社に関するニュースとその理由を教えてください。
・当社に伝えたいことを自由に表現してください。
・あなたを採用する当社のメリットはなんだと考えますか。
・日本が今後解決すべき問題で一番重要なものはなんですか。
・それを解決するために、日本社会は何をすればいいですか。
・最近読んだ本は何ですか。その内容も含め説明してください。
・日本の競泳人口はどれくらいですか。算出方法を含め説明してください。
・競泳人口を3倍にする施策を提案してください。
街でみかけた面白いものを写真に撮り、タイトルをつけてください。
・来年の初詣から、おみくじにプラスして新たな楽しみが用意されることになりました。どのような楽しみが増えるのかを自由な発想でお答えください。

引用元:キャリアパーク就活様より

エントリーシートを通過しないことには就活ははじまらない

いくつか、質問される例をご紹介しながらエントリーシートとはなにか?ということを説明してきましたが、ここを通過しないことには「就活は始まりもしない」という危機感を持って臨むようにしましょう。

エントリーシートは一文字一句読んでもらえない

あなたが大手企業の採用担当になったとしたら?

なんてことを考えてもらえばわかると思いますが、数百を超えるエントリーシートの全てに目を通しますか?

1人1人、「ここはよかった」「ここが改善されれば活躍するぞ!」なんて感想を持つと思いますか?

おそらく答えは「ノー」でしょう。

早い早なし、読む価値ないと思われたら最後まで読まれません。

なので、先行結論型でエントリーシートを書いて、最初の方で興味を持ってもらうようにかなないといけません。

少しでも読んでくれたら、早い段階で「オッ」なんて思わせられるような文章を書かなくてはいけません。

関連記事【例文あり】エントリーシートは絶対先行結論型で仕上げるべし!

最初だけと思いきや、最後までつきまといます

エントリーシートをうまく書くことばかりに集中して、聞こえがいいようにあることないことを書いてしまうと後々自分の首をしめてしまうことになります。

なぜなら、エントリーシートは面接にまで使われるケースが多いため。

面接官:「〇〇と質問に対して〇〇と答えてますが具体的なビジネスプランはありますか?」

なんて質問を面接でされることだって十分考えれます。

そのため、

しっかり見栄えばかりではなく、自分の言葉で、しっかり根拠があることを書く

というのがエントリーシートでは大事です。