就活コラム リクおじさん

困ったら読むべし!就活を始めるとぶつかる40個の悩みと解決策

困ったら読むべし!就活を始めるとぶつかる40個の悩みと解決策

就活をいざ初めて見たけど、わからないことが多すぎる。

なのに周りは、選考を進めていて、だんだん差がつき始めてヤバイ。

少しでも前進しようと調べたら、就活情報はたくさん見つかけど、一番知りたいことがわからない。

セミナーとか受けて、その瞬間は理解した気になるけど、いざ自分でやるとできないことがたくさんある。

何より、シンプルな答えが欲しい。

こんなことを考えていませんか?

過去に就活生から相談を受けますが、こんな声をよく聞いてました。

リクおじさん
リクおじさん

初めてで、人生を左右するイベントだから、みんな不安になってるんだよね。

このページを開いているあなたも、そんなことを考えているでしょう。

しかし、実は、あなたは真面目じゃないでしょうか?

なぜなら、真面目じゃないと就活をやろうと、そして不安になるまで就活を考えようとしないから。

だが、その不安を取り除けば、あなたはかなり就活ができるようになるはずです。

だから、正しい就活のやり方を覚えればあなたは内定を取れる。

あなたに足りないのは、就活の悩みを解決する手段です。

この記事で、就活生からよく聞く悩みの解決策をお話しします。

どうか、真面目なあなたが、優良企業から内定をもらうお手伝いをさせてください。

目次

1.就活の進め方が全くわからない、どうしたらいい?

【これから始める人向け】就活の進め方が全くわからない、どうしたらいい?

「合説、エントリー、面接?」

就活と聞くと、↑の言葉を思い浮かべませんか?

全くわからない人だと、就活で何をすればいいかわからないですよね?

が、ゴールから逆算すると意外とシンプルになります。

ゴール=内定から考える内定をもらうための6step!
  1. 内定をもらうために、面接を突破する
  2. 面接に行くために、筆記試験を突破する
  3. 筆記試験を受けるために書類選考を突破する
  4. 書類を提出するために会社説明会に参加する
  5. 会社説明会に参加するためにエントリーする
  6. どの企業・業界を受けるか自己分析する

内定をもらうためには、↑の6ステップをクリアする必要があります。

6stepをクリアするために必要なものは、↓の6つです。

就活でやるべき6つのこと
  1. 自己分析
  2. 業種・職種の選定
  3. 履歴書・ESの制作
  4. 筆記試験対策(SPI)
  5. 会社説明間の参加
  6. 面接対策

この6つをこなすことが、就活でやるべき内容です。

詳しくは、以下の記事で解説していますので、就活が全く変わらない人は参考にしてください。

関連記事就活したいけどやり方がわからない人がやるべき6つのこと

【就活全般】就活生が抱える悩み

2.友人は内定をもらっているのに自分だけ内定がない

みんな同じタイミングで、就活を始めたのに、自分だけ内定がもらえていない。

スペックに差があるわけでもないのに。。。。

内定をもらえてなければ、悔しいし、はずかしいし。非常に悩ましい悩みです。

芋木坊太郎
芋木坊太郎

就活で周りと比べても仕方ないよ!大事なのは自分が納得がいくか!

内定を持っている人に限って、こんなセリフを言いますが、こんなことを言われてもムカつくだけでしょう。

が、周りと比べるべきではないのは事実です。

そもそも、受けている企業や業界が違うのであなたと同じ結果になるはずがないのです。

だから、周りが内定を持っていて自分だけ内定がないのは、たまたまそうなったとしか言えない。

周りに流されて自分の軸を乱すのは一番いけない。

適切な努力ができて入れば、続ければ必ず内定が出るはずです。

ただ、もし自分のやり方が間違ってると感じるなら、カウンセラーに相談するといいでしょう。

学校のキャリアセンターや相談サービスを利用するのがおすすめです。

キャリアチケット

中でも、キャリアチケットというサービスを使えば、無料で就活の相談ができます。

プロのカウンセラーがあなたの悩みを聞いてくれるので、就活に不安があるのなら使わない手はありません。

関連記事【最短1週間で内定!】キャリアチケットのサービスの魅力や評判を徹底解説

3.就活の悩みを相談をできる人がいない

就活はこれまでの人生で初めての経験のはず。

だから、一人だけじゃ解決できない悩みは多くできるでしょう。

困ったら、友人に相談してもいいですが、満足のいく答えをもらえないことも多いのです。

何より、友達も忙しいので、相談することがそもそも難しかったりします。

就活の悩み相談

だから、相談をするなら大学のキャリアセンターor就活カウンセラーに悩みを聞いてみることがおすすめです。

できれば、複数の人に同じ悩みを相談するべし。

なぜなら色んな考え方があるので、1人のいうことを真に受けて必要がないから。

医者のセカンドオピニオンと同じです。複数の意見を聞いてどれが一番正しいか判断しましょう。

おすすめの方法は、大学のキャリアセンターと就活エージェンを併用するのがおすすめ。

なぜなら、どちらも無料で利用できるからです。

ちなみに、おすすめの就活エージェントはキャリアチケットです。

関連記事【最短1週間で内定!】キャリアチケットのサービスの魅力や評判を徹底解説

4.金銭的に辛い、何かいい方法はない?

実は、就活は意外とお金がかかります。

  • 交通費
  • 服装
  • 飲食費

特に交通費。

東京近辺に住んでいれば、そこまでかかりませんが、地方の学生が東京都内の企業を受けようものなら交通費だけで1万円以上かかります。

一番の解決策はお金を貯めておくこと。

20〜30万円ほど、貯めておけば問題ないのでしょうが、そうじゃない場合は就活やりつつバイトもすることに。

お金に関しては、事前に貯金をしておくのがおすすめです。

自己分析での悩み

5.自己分析のやり方が全くわかりません。どうすればいいですか?

就活はまず自己分析から!

こう聞きますが、やってみると意外と難しいと感じなかったでしょうか?

安心してください、その感性は正しいです。

自己分析は純粋に難易度が高いので正しいやり方が出来ないと全く前進しません。

自己分析のやり方がわからず、大変でしたよね。

当サイトに誰でもできる自分史を使った自己分析のやり方を解説していますので、そちらをご覧くださいませ。

関連記事誰でもできる内定を取る自己分析の始め方を徹底解説

6.自己分析が正しくできているか不安です。

自己分析は1人でやるため、それが正しく出来ているか不安になりますよね。

初めてのことを1人でやるほど難しいことはありません。

自己分析が正しく出来ているか不安な人のために、自己分析チェック質問集を作っております。

関連記事あなたの自己分析大丈夫?できたと思った後に確認したい20の質問項目

その質問を自分にしてみてください。うまく答えられなければ、自己分析をやり直すことをおすすめします。

当サイトでは自分史を使って自己分析を作るやり方を推奨しております。

自己分析がしっかりするだけで、その後の就活がかなり楽になります。

なので、一度試していただければと思います。

関連記事就活生が自己分析のためにテンプレートで自分史を作る簡単な作り方

7.自分のことがよくわかりません。どうすればいいですか?

自分の性格?長所・短所?うーん、、、

自己分析をしていると、こんな状態になるひとが多くいます。

普段自分について人に説明することなんかないですよね?

だから、自己分析として考えてみると、自分が何者かわからなくなってしまいます。

その結果、自己分析に夢中になり、就活がおろそかに。。。

そうなってしまうこともあります。

実際、一人で考えていると頭の中がこんがらがってくるので、多くの人が自分探しに奔走することになります。

が、そんな人は1つ大事な視点が抜けています。

自己分析の目的は自己PRの目的を探すこと。

だから、自分探しをする必要がありません。

ドツボにハマったあなたのための対策は、以下のリンクから。

関連記事自己分析がうまくできない人のためのたった1つの打開策

就活メールでの悩み

8.メールアドレスは何を使えばいいですか?

就活にはメールアドレスは必須です。

説明会、面接などの連絡、就活サイトからのメッセージ。全てメールで送られてきます。

ビジネスだと、メールアドレスにマナーがあります。

ishikitakako-tokyo-daigaku@gmail.com

こんな感じの一目で誰かわかるメールアドレスがマナーです。

不審なアドレスからのメールは開かれず、ゴミ箱に直行してしまうので、アドレスで誰からなのかわかる内容が望ましいのです。

また、大学で自分のメールアドレスがあるのならそれを使うべき。大学からのメールアドレスが一番安心なのです。

  • 大学名+自分の名前
  • 大学のメールアドレス

関連記事就活で使うメールアドレスのおすすめと注意点について解説

9.メールの文章はどう作ればいいですか?

おそらく、人生でビジネスメールを作ったことがない学生が多いんじゃないかと思います。

ビジネスメールの文章構成はパターンが決まっているので、それを真似して作ればOKです。

大体のメールの構成は、↓のようになっています。

例文

株式会社 ○○

○○部 ○○課

○○様

 

突然お連絡失礼いたします。

○○大学の○○と申します。

大学の就職課のOB名簿にて、○○様のお名前を拝見し、メール致しました。

 

本日は、○○様にOB訪問のお願いをしたく、ご連絡致しました。

 

現在、就職活動で企業研究を行なっており、貴社に大変興味を持っております。仕事内容などについて、ぜひ現場で活躍なさっている○○様のお話を伺いたく存じます。

 

お忙しいところ恐縮ですが、お時間をいただきことはできますでしょうか。

 

つきましては、下記日程のどこかで、○○様のご都合のつく時間に伺うことができればと存じます。

 

・○月○日~○月○日 12:00~18:00

・○月○日~○月○日 15:00~18:00

 

その際、場所も合わせてご指定いただければ幸いです。

 

何卒ご検討くださいますよう、お願い致します。

 

お忙しい中、お手数をおかけして恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

+++++++++++++++++++++++++++

〇〇大学〇〇学部〇〇学科
123-3456 東京都○○区××1-23-4
就活 太郎  [ Syukatu Taro ]
Tel  00-1234-5678
Mail syukatu@jimukouritsu.co.jp

これを噛み砕いてみると、↓のように。

  1. 相手の名前
  2. 自分を名乗る
  3. 本題
  4. お礼
  5. 署名(名前や連絡先)

基本は、このパターンを使い回せばOKです。

関連記事メールは毎回名乗る?就活メールの文章構成を徹底解説!【例文あり】

企業・業界・業種選びでの悩み

10.エントリーはどれぐらいしたらいい?

説明会や選考に参加するため、エントリーをする必要があります。

エントリーの数は人によって変わりますが、大体30社前後、多い人で50社近く、少ない人で15社ほどです。

数をとればいいというものじゃないのですが、30社ほどを目安にエントリーをすればいいのかなというところです。

減らすのは簡単ですが、後から増やすのは、手間がかかるので、少しでも興味があれば、エントリーをしてある程度、数を取っておくのがいいでしょう。

11.心の底から行きたいと思える第一志望の企業がないけど、どうしたらいい?

方法は2つあります。

  1. 第一志望の企業を探し続ける
  2. 取り合えずどこか企業に入って、その後、いいなと思う企業を見つけて転職する

が、この②転職前提で行動することがおすすめです。

なぜなら、心の底から行きたいと思う企業を探すのは難しいから。

最初の就職の時点で、自分の理想の企業をわかっているのも難しい話なので、今後の転職で本当に入りたいと思える企業を探すのが、金銭的にもいいかなと。

12.就活では『軸』が大事って言うけど、それってなんのこと?

よく言われる『就活の軸』。

軸=あなたの就活における行動指針

です。

が、就活全てで軸が同じでる必要性は全くありません。

暴力的な言い方をすれば、企業ごとに軸を変えてもOK。

ようは、面接で自分の話の信憑性を高めるために、就活の軸を作るべきという話です。

なので、深く考える必要がありません。

しかし、聞かれたらスラスラと答えるべき内容なので、うまく答える状態にはしておくべきです。

13.業界や職種は1つに絞るべき?

全ての会社を受けれるわけではなく、できるだけ絞った方がしっかり準備ができ、内定率は上がります。

なので、ある程度は絞るべきですが、1つにする必要はありません。

服装での悩み

14. ツース・身だしなみで注意するポイントはありますか?

  1. 正しいスーツのサイズを着る
  2. 髪の毛、眉毛を整える
  3. ひげ、うぶげを剃る
  4. 爪を着る
  5. 腕時計をする

基本は↑の5点です。

特にサイズと腕時計に注意。

腕時計は忘れがちですが、無いと困る場面が多々あります。

関連記事就活男子、髭や髪は整えてますか?面接前の身だしなみを徹底解説!

15.「私服でお越しください」と言われたのですが、どんな格好をすべきですか?

たまに、

「私服でお越しください」

と言われることがあります。

私服を指定されているので、この場合は私服でいくようにしましょう。

が、ジーパンなどのラフな格好はNG。

就活の私服は、オフィスカジュアルのことです。

だから、私服を言われたらオフィスカジュアルで行くように。

オフィスカジュアルの詳細は↓にて。

関連記事【オフィスカジュアルでOK】就活の「私服で来い」はどう対処する?

履歴書の悩み

16.履歴書を書くのに時間がかかります。早く書くコツはありますか?

就活で意外と時間を取られるのは履歴書の制作。

効率的に作って時間を節約すれば、休めるし、アルバイトができるし、就活できるしいいことしかありません。

コツとして、

  • 印鑑だけを押した履歴書を量産する
  • 名前・資格・経歴を書いた履歴書を量産しておく

あらかじめ、共通部分を先に記入して、自己PRを入れればすぐに完成できる状態の履歴書を量産しましょう。

人間は同じ作業を繰り返しする方がミスが少ないので、印鑑なら印鑑だけ、名前なら名前だけ。というように、同じ作業を繰り返しやれば、効率よくミスが少なく量産できます。

関連記事【必見】就職活動で履歴書の効率的な書き方について語る

説明会での悩み

17.説明会の服装は必ずスーツなのですか?

私服の指定がなければ服装はスーツです。

だから、説明会にはスーツを来て行きましょう。

なお、合同説明会や面接なども同様にスーツ着用が常識です。

18.合同説明会はイマイチって聞くけど、本当ですか?

結論は人によるとしか言えません。

が、目的が無い人が合同説明会に行くと失敗します。

なぜなら、自分が主体的にならないと何も得るものが無いため。

だから、合同説明会行くなら、何か目的を持って参加すべきです。

  • 各業界の情報が軽く欲しい
  • 興味がある企業が参加している

などなど、目的意識を持って参加するように。

目的が無いなら周りに流されて参加する必要はありません。

ちなみに、合同説明会で内定が欲しいのなら、Meets companyを利用するのがおすすめです。

ミーツカンパニー

関連記事合同説明会で内定がもらえる?MeetsCompany(ミーツカンパニー) は悪い評判が多いけど実はすごい!

19.説明会で「最後に質問はありますか?」と聞かれますが、やっぱり質問した方がいいのですか?

説明会に参加すると最後に必ず聞かれる、

「質問はありますか?」

結論としては、その企業に内定が欲しいのなら質問すべきです。

なぜなら、意欲をアピールできるため。説明会は選考に関係ないと言われていますが、意欲がある人は覚えているもの。

少なくとも不利に働くわけがないので、プラスになるのなら質問すべきということです。

関連記事【質問しないのはNG?】会社説明会で周りと差をつけるポイント5選

ESの悩み

20.ESが全く進みません。書き方が知りたいです。

選考に関わってくるので、ESを書くのに熱が入りますよね!

少しでもいい印象を与えようと考え込むのはわかります。

しかし、全く進まないのはよろしくありません。

ですが、進まないのはESの書き方を知らないから。

ESの基本として、選考結論型を意識して文章を書くというのがあります。

そして、言いたいことが伝わる方法のPREPの法則を使いましょう。

  1. Point=結論
  2. Reason=結論に至るまでの理由
  3. Example=具体例やデータ
  4. Point=再び結論を述べる

選考結論型、PREPを意識して作った例文が、以下になります。

Q:あなたの強みを教えてください”(ほとんどの企業でされるという質問)

結論

→私の強みは、誰にも負けない行動力です。

 

結論に至るまでの理由

→その根拠として、現在に至るまでに5社のIT企業でインターン経験、並びにアルバイト経験をしてきました。

 

具体例

→、高校卒業とともに、常にIT業界でトップを走り続ける御社へ入ることを目標にしてきたので、そのための必要な知識を学生のうちに身につけたいと思ったためです。

ITと言っても、蓋をあけてみると業種は様々ですから、1社で培ったノウハウが、どこでも通じるとは考えていません。

1つでも多くのことを学ぶため、インターンを募集してない企業に問い合わせをしたり、アルバイトをしていた企業に関しては、バイトの募集をしていなかったことに加え、問い合わせの返事もなかったので、学生時代の先輩に無理言って会社に足を運んでは、採用担当者さんを紹介してもらい直談判をしたこともあります。

業界でも御社と肩を並べるくらいの業績をあげる企業なので、どうしても学生時代に就業しておきたいと思い、自分のできることを探して行動をした結果、学生生活の半分にあたる2年間そちらの企業でお世話になることができました。

 

再び結論

→以上のように、とにかく「やる」と決めたら、様々な行動を通して実現していくのが私の最大の強みです。

まずは、この例文を参考にしてESの問いに1つ答えてみましょう。

自分の力で少しづつ進めるのが、うまいESを書けるようになるコツです。

より詳しい解説は以下のにて。

関連記事【例文あり】エントリーシートは絶対先行結論型で仕上げるべし!

21.ありきたりな志望動機しか思いつきません。志望動機はどうやって書けばいいのでしょうか?

志望動機を書くコツとして、最初からオリジナルの物を作ろうとしないことです。

0から志望動機を作って、相手に響くのを作るのは大変です。

真似ること = 学び

まずは、例文をみながら、自分なりの志望動機を作って、少しづつ、レベルアップすることを目指しましょう。

各業界向けに志望動機の例文を↓にまとめているので、参考にしてください。

関連記事志望動機を書くために必要なこと、各業界ごとの例文集

筆記試験の悩み

22.筆記試験(SPI・玉手箱)の対策は必要ですか?

勉強が超得意な人なら、不要でしょうが、そんな人はあまりいないので基本必要です。

高得点に越したことはありませんが、基礎学力があるかの確認の意味合いが強いので、力を入れて対策する必要はありません。

傾向として、難問ではなく、スピーディーに解く力が求められるので、何回はSPIなどをやって傾向を体感して、つまづいたところを復習すればOKです。

関連記事”]

»【本は不要】就活の筆記対策なら、言語・非言語問題を徹底すべし

» 就活の適正検査とは何のこと?解説とそれぞれの対策をまとめみた

[/aside]

23.適性検査・性格診断に対して対策はすべきですか?

対策はすべきではありません。

なぜなら、作られた人格やあやふやに答えると結果をみたらわかるように作られています。

だから、変に対策をせずにありのまま答えるべきです。

面接・GDでの悩み

24.緊張してうまく喋れない

普段とは違う緊張感があるので、緊張しすぎてうまく喋れなくなってしまうこともありますよね。

できるなら、緊張したくない!って思いますよね。

そんな人にやって欲しい、緊張を減らす7つのコツがあります。

  1. 深呼吸をする
  2. あくびをする
  3. イメトレをやりまくる
  4. 緊張は味方!と考える
  5. 失敗を恐れない
  6. 場数を踏んでなれる
  7. 普段じゃない自分を無理に演じない

騙されたと思って試しにやってみてください。

意外と効果があるのでビックりしますよ。

関連記事面接で緊張しない方法7選【緊張しすぎても大丈夫】

25.面接に行くのがすごく怖い

安心してください、怖いのはあなただけではありません。面接はみんな怖がっています。

だから、面接を怖いからと言って自分を責めないでください。

心構えとしては、面接に期待しないことです。

たった30分の面接、あなたのことが全てわかるはずがありません。

だから、面接に落ちても自分の魅力を面接官は見抜けなかったと思っておけばいいのです。

真剣である必要はありますが、神経質になる必要はありません。

最悪失敗してもいいぐらいの心構えでいきましょう。

時間は損しますが、それ以上の経験値をゲットしているはずですから。

関連記事【こわすぎワロタw】面接が怖い、できない人のための3つの心構え

26.面接で心がけるべきことは?

  1. 第一印象が良い
  2. 自分に自信がある
  3. 会話のキャッチボールができる、自分のことしか話さない人はだめ
  4. 質問に対して、結論から簡潔に答えれる人
  5. 常識人
  6. やる気・熱意がある人

↑の6つを心がけましょう。

この6つは面接に受かる人に共通していることです。

上級者なら、自分を魅力的に売り込むように行動せよと言いますが、それを狙ってやるのは難しい。

だから、まずは上の6つのコツを心がけて面接に臨みましょう。

関連記事面接に受かる気がしない人に見て欲しい受かる人にある6つの特徴

27.嘘でも第一志望って言うべき?

面接を受けると必ず、「第一志望ですか?」と聞かれます。

これの答えとしては、嘘でも第一志望と言うべきです。

やはり、企業としては少しでも意欲が高い人を採用したいので、面接でも第一志望を言われたいのです。

馬鹿正直に言う必要はありません。

が、第一志望と信用される理由もセットで答えるようにしましょう。

関連記事面接で第一志望ですか?と聞かれたら嘘でも第一志望と言うべきな件

28.グループディスカッションの時に意識すべきことは?

グループディスカッションでは以下の3つを確実に見られています。

  • 協調性・コミュニケーション力
  • 主体性はあるか
  • 論理的思考力、議論に強いか

なので、この3つを意識しておくだけでかなり有利になります。

関連記事グループディスカッションの基本と勝つ戦略【クラッシャー対策も!】

29.ESで書いたことと同じことを面接でも言っていいの?

基本はOK。

しかし、ESの内容を一言一句暗記して全く同じように、言うと不自然になるので、口語ように言い直す必要はありませう。

内定後での悩み

30.内定って複数抱えていいの?

複数を常に抱え続けているのはよくありません。

1社から内定を抱えていて、もう一社内定を抱えたらどちらかは断るべきでしょう。

企業にも都合があるので、正直になれる部分では正直になるべきです。

31.内定を辞退するときはどう伝えればいいの?

メールor電話ですが、メールでも構いません。

が、一度話そうと言われる可能性もあるので、そんな申し出があれば快く応じてあげましょう。

ちなみにメールの文章は、↓のような内容でOKです。

例文

○○株式会社 人事部○○課
採用担当 ○○様

 

○○大学○○学部の石木貴子です。

この度は、採用内定の通知を頂き、誠にありがとうございました。

大変光栄ながら誠に恐縮なのですが、貴社の内定を辞退させていただきたく、ご連絡を差し上げました。

 

就職活動で自分のやりたいことを改めて考えてみた結果、他の会社とのご縁を感じました。

誠に心苦しいですが、貴社の内定を辞退させていただきたく存じます。

 

貴社には貴重なお時間を割いていただいたにも関わらず、このようなお返事となり誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げる次第です。

本来直接お会いしてお詫び申し上げなければならないところを、メールでのご連絡となりますことを何卒ご了承いただきたくお願い申し上げます。

 

就職活動を通して、○○様をはじめ、貴社の採用ご担当の方々には大変お世話になりましたことを、心より感謝申し上げます。

末筆ながら、貴社の益々の発展をお祈り申し上げます。

 


‌○○大学○○学部
‌石木貴子
‌Mail: takako-isiki@g-mail.com
‌TEL: 090-○○○○-○○○○
‌‌———————————————–

関連記事【例文あり】就活メールで内定辞退を連絡する文章の3つのポイント!

文系学生だけの悩み

32.文系は理系に比べて就活が不利と言いますが、本当ですか?

そんなことはありません。

が、理系の専用科目を学んでないといけない企業があるので、そう言う意味では、受ける企業・業種の幅は理系より狭いです。

有利・不利はありませんが、上記の点は正しく認識すべき。

33.文系の勉強は仕事に関係のないことばかりでしたが、大丈夫ですか?

大丈夫です。

大学の勉強が直接仕事に役に立つことはあまりありません。

理系の専門科目ななら必須ですが、それでも専門的な分野じゃないといきないので、大多数の学生は大学で勉強した内容と関係のない仕事をしています。

なので、気にする必要はありません。

関連記事文系の就活は理系に比べて不利だと言う幻想とここだけの本当の話

理系学生だけの悩み

34.卒業研究に追われて就活をする時間がない。どうすればいい?

最優先は卒論です。なぜなら、単位を取らないと卒業できないため。

だから、卒論はあくまでメインで頑張りましょう。

関連記事【裏技あり】理系就活で効率のいいやり方を解説

35.ESや面接で『研究内容』を聞かれたら、どう答えればいいですか?

聞かれる相手にもよりますが、相手が専門的な知識がないのなら専門用語を避けてわかりやすく説明すべき。

研究内容を聞く趣旨としては、どんな考え方をしているか知りたいのです。

だから、取り組み方やなぜ、そんな行動をしたのかに重点をおいて説明するように。

逆に、相手が専門知識を持っている方なら専門用語を元に説明すればOKです。

関連記事就活の履歴書で研究概要をうまく伝えるための書き方を解説

その為、特殊な悩み

36.学校推薦が使えるなら使うべきですか?

内定が欲しいのなら使うべきです。

が、内定が出たら大学の面子的に断るのが難しいので、内定をもらったら絶対に勤めると言う覚悟は必須。

37.就職が決まらなかったから、就職留年をしたいのですが、大丈夫ですか?

結論を言うと全くおすすめしません。

なぜなら、就職留年をしてもあなたの就活力は上がらないから。

そして、1年余分に学生になるので生涯年収がさがります。

内定をもらえるのであれば、内定をもらって、卒業するべきです。

関連記事就活失敗→就活浪人は厳しい?当たり前すぎる4つの理由を説明する

38.就職をしたくないから、大学院に進学しようと思っていますが、大丈夫ですか?

大学院卒で就職しようと思うと、純粋に求められる人材のレベルが上がります。

なので、大卒よりも就活の難易度が上がります。

だから、ただ、仕事をしたくない。と言う理由で大学院に進学するのは全くおすすめしません。

関連記事大学院は就活不利と言われるが、求められるものが高いだけと言う事実

39.就活でアピールすべきことが自分に見つからない

根本的にアピールすべき内容を勘違いしていませんか?

アピールすべきは実績でなく人柄です。

面接官が重視している項目は、「人柄」「自社への熱意」「今後の可能性」とアンケートで出ています。

2)企業が採用基準で重視する項目、学生が面接等でアピールする項目

企業が採用基準で重視する項目と、学生が面接等でアピールする項目を比較して見る。
企業が重視している項目は「人柄」「自社への熱意」「今後の可能性」が圧倒的に高かった。
一方、学生がアピールしている項目は、「人柄」「アルバイト経験」「所属クラブ・サークル」の順となった。

引用:『就職白書2017』| リクルート

なので、人柄をアピールできないわけがありません。

だから、正しいアピールの仕方を学びましょう。

自己PRの例文集がありますので、そちらを参考にしてくださいませ。

関連記事文章構造PREPで作る自己PRの作り方と参考になる例文集20選

40.企業や業界の情報はどうやって集めればいいですか?

本を読んだりセミナーを参加するなどの方法がありますが、初心者におすすめなのがネットを活用すること。

なぜなら、無料で場所の制限なく情報を集めれるから。

リクナビ・マイナビ内に業界研究用のコンテンツがあるのでまずはそこを眺めるといいでしょう。

» 業界研究大図鑑 – 就活準備 – マイナビ2019
» 業界研究なら業界ナビ – リクナビ

電車の暇な時間や空き時間などに目を通すのがおすすめです。

深い情報は、知識がついてから、OB訪問や説明会に参加して集めればいいので、最初は簡単に調べれればOKです。

どうしても解決しないなら、人に相談するのが一番楽

極論ですが、困ったことがあれば人に相談するのが一番確実で楽です。

相談先は友人・親・先輩などがいますが、おすすめなのが大学のキャリアセンターか就活エージェント。

どちらも無料で使えてプロなので、おそらく一番良質なアドバイスがもらえるはずです。

就活エージェントのおすすめはキャリアチケットです。

相談無料で、相談してから1週間で内定が出た学生もいたりと評判はいいです。

「就活の悩みがありすぎて困る・・・。」

こんな人は相談するといいかなと。