就活コラム リクおじさん

就活失敗したらどうなる?実際に経験した私が話すここだけの本当の話

就活失敗したらどうなる?実際に経験した私が話すここだけの本当の話

頑張って就職活動したけど、うまくいかずに1つも内定がない。

「就活に失敗してしまった。どうしよう・・・。」

と落ち込んではいませんか?

今日は、過去に就活を失敗して私が、就活を失敗したその後についてここだけの本当の話をします。

就活失敗組が取ることになる3つの方法

就活に失敗すると、今後どうするか考えなければいけません。

頑張って就活したのに内定がなくて辛いかもしれません。

ですが、最終的に働くことになるので、それに向けて行動をすることに。

就職するための方法が3つあります。

  1. 就職留年して就活を続ける
  2. 卒業して即卒として就活を続ける
  3. 専門学校or大学院に通う
  4. フリーターor派遣社員になる

どれを取るかはあなた次第。

ですが、就職留年をして就活を続ける人が多いです。

なぜなら、学歴を有効に使えるため。

大卒を生かすなら就職留年をすべき

大卒で就活するメリットは、大卒の学歴を使えることにあります。

人によっては、大卒で就活するためだけに大学に進学した人もいるでしょう。

しかし、一度卒業してしまうとはっきりいって就活では不利になってしまいます。

即卒になっただけで、受けれない企業は出てきたり、新卒採用じゃなく中途採用扱いになったりと、就職の難易度が上昇します。

留年をしても、新卒と同じ扱いで就活ができるので、就活をするなら大卒が生きる、就職留年をすべきです。

就職留年はお金以上にメリットがある

就職留年をするにはお金がかかります。

大学によって金額は違いますが数十万円する大学もあったり、決して安くはない金額です。(私は、1年の就職留年で30万円かかりました)

ですが、就職留年にはこの金額以上のメリットがあります。

学生からすれば数十万円は大きな金額に見えますが、会社で働けばそのレベルのお金はすぐに入ります。

それに、学生を1年延長することによって国民年金も追加で1年支払う必要が無くなります。

定期券も学生割引が使えるので交通費も得になり、実は金銭面は大きなデメリットになりません。

ならば、就職留年をして企業に就職して給料でお金を稼ぐ方が賢いでしょう。

なので、就活を続けるなら、即卒で就活するよりも就職留年で就活するべきです。

就職留年をして就活をする3つのメリット

一度、即卒と比べて就職留年で就活をするメリットをまとめます。

  1. 新卒としてもう一度就活ができる
  2. 即卒じゃないので受けれる企業が減らない
  3. 過去の失敗を経験に、強くてニューゲームで就活できる

1. 新卒としてもう一度就活ができる

新卒としてもう一度、就活をすることができます。

単純に、これはチャンスが倍に増えるので、基本的にメリットしかありません。

留年が引け目に感じる人もいるかもしれませんが、意外と面接では突っ込まれません。

なんだかんだ、留学して5年大学に通う人が多いので、留年は特別なことじゃなく普通のことです。

だから、採用側からすれば留年しようがしまいが関係ないのです。

逆に、過去の失敗からインターンをして経験を積んで就活をしたりすれば、むしろ評価されるので、プラスになることも。

2.即卒じゃないので受けれる企業が減らない

即卒なだけで、受けられなく企業があります。

「なぜ学生じゃないだけで受けれなくなるんだ?」

こう思うかもしれませんが、悲しいことに事実として受けれない企業が増えます。

即卒で就活してて、行きたい企業見つけたけど、受けることが出来ないなんてことも。

そんな悲しいことにならないためにも、就職留年して就活を受けるのがおすすめでう。

3.過去の失敗を経験に、強くてニューゲームで就活できる

周りの就活生よりも、あなたの方が就活に触れた期間が長いです。

つまり、あなたの方が就活力が高いので、序盤はあなたに圧倒的な有利になります。

内定を狙えるなら、内定をもらって今年中に就活した方がいい

就職留年のメリットをお伝えしましたが、もし今年度でも内定が狙えるなら就活をして内定を取ることをおすすめします。

なぜなら、無駄に年齢を重ねる必要はないからです。

最初の就活で人生が決まると言う人もいますが、あれは半分嘘。

仕事は入ってからのあなたの頑張り次第で、転職するなり出世するなりで、意外となんでもなります。

社会人にしんどいイメージを持っているかもしれませんが、使えるお金の額が増え、もらえるお金も増え自由な時間が増えるので、意外と楽しいのです。

職場に不満があるのなら、転職すればOKですしね。

ただ、過ぎた時間は取り戻せません。

過去の時間を取り戻すだけは絶対に出来ないので、早めに前に進めるのなら前に進んだ方が人生トータルで見たときに得します。

今年度中に内定を取るには?

時間がないので、先行ステップが短い方法で就活をするべきです。

リクナビ・マイナビを使ってもいいのですが、エントリーして説明会に参加して選考を受けて・・・。

とすると時間がかかるので、このやり方はおすすめしません。

今なら、

  • キャリアチケット
  • Meets Company

を利用して就活をする方法をおすすめします。

キャリアチケット

キャリアチケット

キャリアチケットは、無料で使えるサービスです。

あなたにカウンセラーが一人つき、就活の悩みを聞いてくれたり、あなたにあった企業を紹介してくれるサービスです。

キャリアチケットを利用して1週間で内定が出た人もいるので、素早く内定をゲットするのに最適です。

関連記事【最短1週間で内定!】キャリアチケットのサービスの魅力や評判を徹底解説

Meets Company

ミーツカンパニー

Meets Companyは、その場で内定が出る合同説明会を開いています。

人事のTOPや社長が参加しているので、お互いの相性がいいのならその場で内定をもらうことが可能です。

だから、短期間で内定をもらうのに最適です。

関連記事MeetsCompany(ミーツカンパニー) は悪い評判が多いけど実はすごい!

使えるものがあればなんでも利用すべき

就活を続けるのなら、就職留年をしましょう。

金銭的な問題をどうしても避けられないのなら、即卒で就活することになるのですが、先ほどもメリットを上げたように就職留年の方が有利に就活出来ます。

お金を払って有利にできるものがあるのなら、使わない手はありません。