履歴書 リクおじさん

履歴書に印鑑を押す具体的な方法【4つの失敗を避けること】

履歴書に印鑑を押す具体的な方法【4つの失敗を避けること】

この記事の要点!

  • マットを引いて朱肉をつけて、まっすぐに。そして掠れないようい力をしっかり入れて押すこと
  • 履歴書に印鑑の欄がなければ不要
  • シャチハタもNG。人事担当は見ればそれがシャチハタかどうかわかります。

履歴書に印鑑って必要なの?

実は人によって微妙に意見が違います。

履歴書の名前の横などに印鑑を押印しなければならない。

履歴書に印鑑が必要なのか、必要じゃないのか、人によっていうことが違うので、正直困惑してしまうのではと思います。

まず結論からいうと、印鑑が必要かどうかは履歴書によります。

履歴書に印鑑を押す欄がなければ必要なし

履歴書によって印鑑の欄があるものとないものがあります。

印鑑の欄があるのなら、そこに押印する。なければ印鑑は不要です。

これが全てです。

履歴書は正式な書類だから、印鑑が必要と思われがちですが、実は違います。

履歴書に印鑑の欄があるのに押印なければ、押し忘れと思われる

印鑑の必要がないから、印鑑の欄があっても押さない。

これはNGなので、やらないように。

印鑑の欄があるのに押印しないと、

「押し忘れしている」

と思われます。

こう思われないよう、印鑑の欄がある履歴書に対しては、必ず押印をするように。

履歴書に印鑑を綺麗に押す方法

以下の内容を守りましょう。

  • 履歴書の下に印鑑マットor新聞紙などの厚くて柔らかいものを引く
  • 朱肉にしっかり印鑑をつける
  • 横にならないように縦にまっすぐ押す
  • 押してからしっかり力を入れて、印鑑全体がしっかり押せるように
  • 安物の印鑑は使わない

これを守ることで、しっかりと綺麗に印鑑が押印ができます。

失敗例としては、印鑑が斜めになったり掠れてしまったり、しっかり押さないと掠れて、誰の名前かわからなくなることも。

そうなら内容に、上記を守って綺麗に押すようにしましょう。

【これはダメ!】印鑑で4つの失敗例

また、失敗例もお伝えしておきます。

  • 斜めになる、曲がってしまう
  • にじんで汚くなってしまう
  • 薄い
  • かすれてる

このような状態になってしまったら、印鑑を押し直してください。

間違っても、その状態で企業へ提出しないように。

ビジネスマナーがないな。

印鑑も正しく押せない人は必要ない。

と思われて、選考に落ちるのが関の山でしょう。

履歴書に印鑑が必要なら最初に押しておく

もし、印鑑が必要な履歴書の場合は書く前に。

つまり一番はじめに最初に押しておくようにしましょう。

全部書いた後に、印鑑を失敗して書き直しになるとシャレにならないので・・・。

こんなところで時間を無駄にしないように。

履歴書の印鑑にシャチハタはNG?

シャチハタは使わないように。

というのも、ビジネスにはふさわしいものではありません。

宅配便を受け取るのとは違って、採用・就活は真剣な場面。

その中で、シャチハタはビジネスをする気があるのか?疑われます。

人事部はシャチハタと印鑑の違いがわかる

また、シャチハタと印鑑とは全く印影が違います。

試しに家にあるシャチハタと印鑑を比べて見るといいでしょう。

めちゃめちゃ違いますよ。

人事担当は一目で必ずわかるので、その時点であなたは不採用でしょう。