履歴書 リクおじさん

車や漢検は書ける?就活の履歴書に書ける資格と人事にうける書き方

車や漢検は書ける?就活の履歴書に書ける資格と人事にうける書き方

この記事の要点!

  • 国家資格や運転免許、パソコンの資格は書くように。語学系もGood
  • くれぐれも資格は正式名称で書くように。
  • 日付が不要な履歴書なら、上から関連性が高い資格を書く

就活の履歴書で書ける資格ってなに?

持っている資格は基本全て書くのがいいでしょう。

その中でも書くべき資格はこちら。

  • 簿記
  • 英検
  • toeic
  • 漢検
  • mos
  • 普通自動車運転免許
  • 基本情報処理
  • 秘書検定
  • 教員免許

有名どころの資格はかけると思ってOKです。

でこの資格ですが、資格の系統ということにすればこうなります。

  • 国家資格
  • パソコン系の資格(MOSなど)
  • 語学系の資格(TOICE・英検など)
  • 車の運転免許

この4つに該当する資格なら書くといいでしょう。

なお、これ以外にも職種に関係する資格を持っているのなら、それは書くように。

職種に関係している資格なら書いて損しません。

国家資格

国家資格は取得難易度が高い。

だから、難易度が高い資格国家資格を持っているのは、努力の成果です。

自信を持って書きましょう。

パソコン系の資格(MOSなど)

今の時代、パソコンが使えることは当たり前になっています。

だから、どんな業種でもパソコンを使わないことはないでしょう。

パソコン能力の証明になるので、履歴書に書くべき資格になります。

語学系の資格(TOICE・英検など)

英語を使わない職場なら優先度は低いですが、書いても全く損はしません。

ただし、TOICEなら600点以下の点数なら書かないように。

勉強しなくても大卒なら500点ぐらいは取れると言われてるので、600点近辺の数値は全くアピールになりません。

できれば、700点以上、これぐらいあれば強いアピールになるでしょう。

また、中学・高校生レベルの資格も書かないように。無駄です。

車の運転免許

なんだかんだで、車の運転免許は弱くありません。

特に営業職なら運転免許が必須な会社も。

地方の会社なら運転免許は必須です。

車の運転免許があれば必ず資格欄に書いておきましょう。

資格を履歴書に書く正しい書き方

正しい書き方としてこの3つを守りましょう。

  • 企業・職種に関連があるもの上から順番に
  • 正式名称で書く
  • 日付は資格取得日を書く

また、学歴と違い“以上”は不要です。

企業・職種に関連があるもの上から順番に

職種によって、資格に重要度は違います。

外資系なら英語力、経理なら簿記を上に。

関連性が高いものから上に書くようにしましょう。

もし、関連性が感じられないものしかないのなら、難易度が高いものを上に書くのがいいでしょう。

※資格にも取得年月がある欄の場合は、時系列順に、古いものを上に。

正式名称で書く

よくある間違いとして通称・つまり略して書いてしまう人がいます。

漢検なら日本漢字能力検定

というように。

正しい正式名称で書くようにしましょう。

正式名称一覧
  • 漢検 → 日本漢字能力検定
  • 英検 → 実用英語技能検定
  • 普通自動車免許 → 普通自動車第一種運転免許
  • 大型免許 → 大型自動車免許
  • TOEIC → TOEIC公開テスト800点(点数も書くように)
  • FP → ファイナンシャル・プランニング技能士
  • MOS Excel → Microsoft Office Specialist Excel
  • MOS Word → Microsoft Office Specialist Word
  • 秘書検 → 秘書技能検定
  • 簿記 → 日本商工会議所簿記検定
  • 宅建 → 宅地建物取引主任者
  • 幼稚園教員免許 → 幼稚園教諭(一種・二種・専修)免許状
  • 小学校教員免許 → 小学校教諭(一種・二種・専修)免許状
  • 中学校教員免許 → 中学校教諭(一種・二種・専修)免許状(教科)
  • 高校教員免許 → 高等学校教諭(一種・専修)免許状(教科)

資格取得日を書く

また、日付の欄があれば資格取得日も書きましょう。

更新日ではなく、取得日なのに注意。

また西暦か和暦か、履歴書でするように。

学歴は西暦なのに資格は和暦になってる

とならないように注意。

履歴書の資格欄へ特になしはNG?

結論をいうとNGではありませんが、空欄・特になしと書くのはできるだけ避けたいです。

資格欄もアピールポイントです。そこに何も書かないのはよろしくはないでしょう。

資格の取得見込み・勉強中のものがあればそれは書いてOK

何かの取得見込み・勉強中の資格があれば、書いちゃいましょう。

※幼稚園教諭(一種・二種・専修)免許状 〇〇年○月に取得予定

※TOICE公開テスト800点に向けて勉強中

このように書くといいですね。

意欲をアピールできます。また、取得日時も合わせて書くことで説得力・信憑性も増します。

ただし、職種に関係ない・有用でない資格はこのようにしないように。

なぜなら、その資格が仕事に生きなければ全くアピールにならないから。

何もできないときは、諦めて「特になし」と書きましょう。

Q:履歴書の資格に嘘をついていい?

A:結論:ダメです。

そりゃそうなのですが、ダメな理由を。

嘘はどこかでバレる

仮に面接、入社するまでバレないとしても、入社してからどこかでバレてしまいます。

嘘がバレると周りからの評価が下がることはいうまでもありません。

なので、そうなるリスクを犯すべきではないのはわかるでしょう。

あとで資格証明を求められる場合も

また、重要な資格については証明を求められることも。

当然、嘘なので資格証明が出せません。

重要な資格なので内定取り消しもありえるでしょう。

嘘はバレるので書かないように。