履歴書 リクおじさん

履歴書に書ける趣味がない?面接官受けよく書く4つのコツ

履歴書に書ける趣味がない?面接官受けよく書く4つのコツ

この記事の要点!

  • 空欄は避けるように!それなら読書とか音楽鑑賞とか無難なものを書きましょう
  • できれば自己PR・人間性のアピールに繋がる内容が好ましい
  • ネガティブな内容:ギャンブルなどはNG
芋木坊太郎
芋木坊太郎

履歴書に趣味の欄があるんだけど、ここかなり書きにくいんだけど。
正直に書くと、アイドルの追っかけになってしまって・・・。

リクおじさん
リクおじさん

履歴書と言えど趣味なので、素直に書けばいいんだけど、マイナスになりそうなことは書かない方がいいね。

リクおじさん
リクおじさん

今日は、履歴書に趣味を書くときの方法を教えるね!

ES・履歴書に趣味なしと書くのはNG

まず、初めに注意ですが、趣味を「なし」・「特になし」とするのはNGです。

NG

趣味になしと書くのはNG

なしならせめて、読書とか音楽鑑賞とかを書くように。

無難ですが書かないよりマシです。

趣味に何か書いておけば、面接で会話のきっかけにも

と言うのも、趣味は面接官が話しやすいので会話のきっかけにしやすいです。

この会話は、緊張感と解いたり、雑談力でコミュニケーションをみたりすることが可能です。

なので趣味を何か書いておけばある意味、面接官への気遣いとも言えます。

採用するなら気遣いある方がいいですよね?

だから、趣味を“なし”とするのはNGなのです。

履歴書に趣味欄がある2つの理由

履歴書の必ずある趣味の欄。

これはなんのためにあるのでしょうか?

1.その人はどんな人間で、どんな人間性をしているのか?

面接は、

「こいつは仕事ができるのか?」

をじっくりとみています。

全ての質問・会話は仕事ができるのかをじっくり吟味しているのです。

で、仕事ができるのかを判断するために、どんな人間なのかを探ります。

もちろん、面接で人間性を全て見ることはできませんが、人間性が出やすい趣味を見ることで、どんな考え方、どんな人間なのかを探ろうとしているのです。

仕事ができるかの人間性を見るために、趣味を聞いている。

2.面接で会話のきっかけになる

趣味は面接官が突っ込みやすい内容でもあります。

志望動機や自己PRと違って、雑談しやすい内容なので、会話のきっかけになりやすい。

その雑談から、様々な話題に展開することもできるので、呼び水として使うことも可能なので、趣味の欄があるのです。

雑談と呼び水として、様々な話題に展開して、人間性を見ることもできるから

面接官受けよく趣味を書く4つのコツ

さて、趣味欄がある理由はわかりましたか?

その上で以下の内容に繋がることを書くといいでしょう。

  • 仕事のアピールに繋がること
  • 人間性のアピールに繋がること
  • 一般受けがいいものを書く(会話のきっかけになりそうなもの)
  • シンプルに!多く語りすぎないように

これらの共通点として、

  • 会話に繋がりやすいように
  • 自己PRになるように

という点があります。詳しくみていきましょう。

1.仕事のアピールに繋がること

面接では“仕事ができるかどうか?”を見られているので、趣味でもそれをアピールしてしまえばいいのです。

ですが、無理にアピールにつなげたり、嘘は禁物ですよ。

嘘ついたりして、無理にアピールするのはNG

仕事のアピールに繋がる趣味の例

どんな趣味が仕事のアピールになるかは会社によります。

例をお見せしましょう。

  • デザイン会社 → 写真撮影
  • レジャー商品会社 → 登山やキャンプ
  • スポーツ関係の会社 → テニス・草野球・サッカー

2.人間性のアピールに繋がること

仕事のアピールに繋がる内容は、難しいかもしれません。

なので、代わりに人間性をアピールする趣味を伝えるといいでしょう。

何かずっと続けているものや、こだわりがある趣味があればそれを素直に書けばOK。

3.一般受けがいいものを書く(会話のきっかけになりそうなもの)

ですが、それもない場合があります。

と言うより、仕事のアピール・人間性アピールに繋がる趣味なんかない人の方が多いでしょう。

そんな時は無難なものを書いておけばOK。

要は空白を避けたいので、何か埋めよう!ということです。

無難な趣味一覧

無難な趣味を書いて置きたい人はとりあえず、この辺を書けば大丈夫かなと。

  • カラオケ
  • 読書
  • 映画鑑賞
  • スポーツ観戦
  • ボウリング

4.シンプルに!多く語りすぎないように

趣味ですが、履歴書にはシンプルに書いておくのがおすすめ。

と言うのも、基本は会話の糸口なもの。

たとえ自己PRができる内容でも、趣味は最優先事項ではありません。

履歴書の欄がたとえ広くてもシンプルに、簡潔に書くように。

例文②読書

私の趣味は、読書です。主に、通勤時間や寝る前の時間を利用して読んでいます。70年代のアメリカ文学が好きで、最近では、「J.D.サリンジャー」の作品に感銘を受けました。読んだ本で感動したシーンは、ノートにイラストを書いて記録を残すようにしています。

引用:キャリアパーク様 趣味を魅力的にアピールする自己PRの書き方と例文10選【履歴書・ES・面接】~おすすめ・控えるべき趣味もご紹介~

どれだけ、欄が広くてもここまです。

小さい欄なら

趣味:読書(週2冊)

と言うので構いません。

【注意】趣味にネガティブな内容はNG

また、相手にネガティブな印象と与える内容はもちろんNG。

  • ギャンブル系:パチンコ・競馬
  • コスプレ・アイドルの追っかけ:おじさん面接官にはきつい
  • アニメ鑑賞:リア充系とおじさん面接官にはきつい

この辺りは、言わないか別の言い方をするのがいいかなと。

オタク系の趣味は悪いとは思わないのですが、面接官がそれを聞いた時の顔をイメージすると、やめた方がいいと言わざるを得ません。

オタク文化に理解のないおっさんにアピールしてもしたかがないかなと。