就活コラム リクおじさん

就活生に人気な企業ランキングを3つ比較し考察してみた

就活生に人気な企業ランキングを3つ比較し考察してみた

就活は自分のために行うもの、だから周りに流されず自分の就活をしてほしいと思ってます。

しかし、それでも他の人の動向は気になるものです。特に就活生に人気な企業って気になりません?

ネットで調べると就活生に人気な企業ランキングは出てくるのですが、その会社独自の調査なので結果が微妙に違っています。

この記事では就活生に人気な企業ランキングを3つ取り上げ、そのデータを比較しどのような企業が人気なのか、比較して傾向を調べたいと思います。

就活生に人気な企業ランキングの比較の仕方

今回は、2018年3月卒業予定の大学生のアンケートを取っているランキングを3つ引用させていただきました。(朝日学情ナビのアンケートは卒業・修了予定の大学生・大学院生)

それぞれの総合ランキングから引用しています。理系・文系を混ぜている人気ランキングであり、学生数は文系の方が多いので、結果に文系のバイアスがかかっていと思われます。

なので、どっちかというと文系の学生の人気企業ランキングと思っていただけるといいかなと思います。

どのランキングもTOP100までの結果が出ていますが、今回はTOP10までを比較します。

それでは、まずランキングを見ていきましょう。

就活生に人気な企業ランキング:キャリタス就活2018の場合

1位:みずほフィナンシャルグループ
2位:三菱東京UFJ銀行
3位:全日本空輸(ANA)
4位:日本航空(JAL)
5位:三井住友銀行
6位:東京海上日動火災保険
7位:伊藤忠商事
8位:JTBグループ
9位:三菱商事
10位:サントリーグループ

引用:キャリタス就活2018 希望企業ランキング 大学生ランキング総合

金融系が4つと多くランクインしております。

就活生に人気な企業ランキング:みんなの就活2018の場合

1位:全日本空輸(ANA)
2位:日本航空(JAL)
3位:伊藤忠商事
4位:JTBグループ
5位: オリエンタルランド
6位:資生堂
7位:味の素
8位:花王
9位:三菱東京UFJ銀行
10位:博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ

引用:みんなの就活2018 新卒就職人気企業ランキング(総合ランキング)

メーカーが3つランクインしております。

就活生に人気な企業ランキング:朝日学情ナビ2018の場合

1位:ANA(全日本空輸)
2位:JAL(日本航空)
3位:資生堂
4位:オリエンタルランド
5位:JTBグループ
6位: 花王
7位: 伊藤忠商事
8位: 味の素
9位: カゴメ
10位: エイチ・アイ・エス(H.I.S.)

引用:朝日学情ナビ  就職人気企業ランキング(2018年3月卒業予定者対象)

こちらもメーカーが4つと多くランクイン。

それぞれのランキングを考察

いかがでしょうか?それぞれ調査対象が違ったり、手法が違ったりして、ランキングがどれも少し違います。

また、それぞれの就活サイトのユーザーの性質も出たのでしょうか?TOP10にランクインしている企業の傾向もどうやら違うようです。

確実にランクインしている企業

それぞれで、調査対象・手法が違うにも関わらず必ずランクインしている企業があります。

  • ANA(全日本空輸)
  • JAL(日本空港)
  • JTBグループ
  • 伊藤忠商事

必ずTOP10にランクインしているこれらの企業は、就活生の人気が高いと言えるでしょう。特に、ANA(全日本空輸)・JAL(日本空港)はこれらのランキングでTOP4には必ず入っているので、かなりの人気がありそうです。

金融系が多くランクインしているキャリタス2018

キャリタス2018のランキングには、金融系が4つと他のランキングよりも多くランクインしています。また、メーカー系のランクインはサントリーグループの1つで、他のランキングよりもメーカーが少ないです。

リクナビ2018のモニター学生の調査結果で見る金融業界の就活事情 Vol.02によると、

内定者が持つ、他業界と比べた金融業界のプラスイメージは、「安定性」「給与・待遇」が高い結果となっています。

引用:リクナビ2018のモニター学生の調査結果で見る金融業界の就活事情 Vol.02

あくまで内定者のイメージなので、就活生には当てはまらないかもしれませんが、少なくとも

金融業=安定性・給与・待遇がいい

と考えている学生はいるでしょう。なので、金融系が4つランクインしているためキャリタス2018でアンケートに答えた学生は安定性と給与・待遇を重点にしている学生が多いと言えそうです。

同じような企業がランクインしているみんなの就活2018と朝日学情ナビ2018

それに対し、みんなの就活2018では3つ。朝日学情ナビは4つメーカーがランクインしています。

他にも、ANAやJALの順位が近かったり、

  • JTBグループ
  • 資生堂
  • 花王
  • オリエンタルランド
  • 味の素

これらの企業が共通でランクインしています。

3つともに共通している企業を入れると、なんとTOP10の内、9社の企業が共通してランクインしているのです。

なので、この2つのモニターは同じような傾向があると言えるでしょう。

メーカーイメージですが、キャリタス就活2017 学生モニターに聞いた 就活準備段階、業界イメージ調査によると

各業界のイメージ

メーカー

1.グローバル化が進んでいる
2.社会貢献度が高い
3.安定して

引用;キャリタス就活2017 学生モニターに聞いた 就活準備段階、業界イメージ調査

と、メーカー志望している学生はこのようなイメージを持っているようです。

つまり、このようなことを考えている人が選ぶ企業TOP10と言ってもいいかもしれません。

同じ就活生でも考えていることによって人気な企業は違う

ランキングによってランクインしている企業が違うことはどう感じましたでしょうか?

今回考察した内容が100%正しいとは思いませんが、人によって人気な企業が違う点は抑えていただければと。

というのも、人によって考えていることが違うので、就活をするときは人の意見を鵜呑みにすることは避けて欲しいと考えています。

就活は自分のために行うものです。なので、自分の意思で行動するのがいいと考えています。

この就活ランキングはあくまで参考に、考えが違うと人気な企業も違うという点を抑えていただければと!