就活コラム リクおじさん

資格は必要ない?就活で本当に必要な資格はこの2種類だ!

資格は必要ない?就活で本当に必要な資格はこの2種類だ!

この記事の要点!

  • 実用性のある資格はTOICEかマイクロソフト系のやつ
  • 無理に資格を取る必要はなし

就活生の話を聞いていると頻繁に耳にするのが、資格を取っておこうという言葉。

大学生活の有り余る時間の使い方は多種ありますが、就活で有利になるために資格を取っておこうという考え方は果たして本当に正しいのでしょうか?

実は、就活生の皆さんが思っている以上に、就活において資格というものは意味がありません。

今回は、就活に本当に必要な資格とは何なのか掘り下げていきます。

就活のために資格を取ろうと漠然と考えていた人は、是非参考にしてみてください。

就活で本当に必要な資格とは?

就活においての資格とは?

就活において、資格はどのような役割を持っているのでしょうか?

ここでは2つの項目に分けて考えてみたいと思います。

就活に役立つ資格をとるには覚悟が必要

就活生になると、就活に役立つ資格や儲かる資格などと頻繁に耳にするでしょう。

実際に就活に役立つ資格といわれているものには、就活生相手のビジネスも含まれています。

なので、就活のために漠然と資格を取るという動機で手を出さない方が賢明。

業者のカモにされてしまいます。

また、資格を取ると簡単に言っても、そのためには大きな時間やコストをかけなくてはなりません。

「資格を取るのに時間もコストもかかりません!」みたいな資格など取ったところで大きなプラスにはなりませんからね。

せっかく資格を取ろうと考えているなら、自分の将来に必要なものか一度立ち止まって考えてみることをオススメします。

専門職でもない限り資格は必要ない

資格の中には、専門職になるために必要なものもあります。

例えば、医師や看護師、税理士などは資格を持っていないと職につけません。

なので、そのような職業を将来的に目指しているのであれば、資格を取っておくことは必要となります。

会社の営業や事務など、専門職ではない道に進もうとしているのならば資格を取ることはそこまで大きな意味はないでしょう。

それよりも同じ時間とコストをかけるのであれば、他のことに専念した方が賢明。

インターンシップに行ったりOB訪問をして企業研究などをした方が自分にとって良い結果を残しやすくなるのは間違いありません。

実用性のあるオススメ資格

実用性のあるオススメ資格

ここまで資格の必要性について述べてきましたが、中にはそれでも資格を持っておきたいと考えている人もいるでしょう。

なので、ここからは将来的に実用性のあるオススメの資格を2つ紹介したいと思います。

1.マイクロソフトオフィススペシャリスト系の資格

マイクロソフトオフィススペシャリスト系の資格

ワード、エクセル、MOSなどのマイクロソフトオフィス系の資格は持っておいて損はありません。

今の時代、パソコンの知識やスキルはどこの会社でも重宝されます。

IT系の会社でなくても、パソコンを使わない会社はほとんど存在しないので資格があると多少有利になるでしょう。

また、実用性が高いので就活のためだけにとどまらない。

将来の自分のためにも取得しておいた方が望ましいので、どうせ資格を取るならこの選択肢をオススメします。

2.TOEICで600点以上取る

TOEICで600点以上取る

TOEIC公式ホームページhttp://www.iibc-global.org/toeic.html

近年は大手企業を筆頭に、東南アジアへ進出するような企業も多く見られるようになりました。

グローバリズムの流れは今後も進むに違いないため、英語をコミュニケーションの手段として備えておくことは非常に重要です。

せっかくTOEICの資格をアピールするのであれば低い点数では意味がないため、600点以上を一つの壁として設定しておきましょう。

もちろん、それ以上の700点、800点と志高く勉強し続けられることが望ましいです。