就活コラム リクおじさん

自分を追い込まないで!悩みを抱える就活生に知ってほしい5つのこと

自分を追い込まないで!悩みを抱える就活生に知ってほしい5つのこと

皆さんは、一人で就活のことで悩みを抱えてはいませんか?

就活生の多くは、自分が思った通りに就活が進まずに悩み込んでしまうものです。

しかし、就活期間中に悩んでしまうのは皆同じことなので、自分だけとあまり考えすぎる必要はありません。

大切なことは、悩んでいるのは自分だけではなく、皆表に出さないだけで、裏では同じように悩んでいるのを知っておくこと。

自分だけが上手くいかないといった様に考えてしまうと、その後の就活でも悪い結果ばかりがつきまとって負の連鎖を引き起こしてしまい兼ねません。

そこで今回は、悩める就活生に知っておいてほしいことを5つに分けて述べていくことにします。

この記事を読むことで、就活のことで悩んでいる人は少しでも解消されるに違いありません。

ありもしないことに恐れて悩まないで

就活期間中は、自分の思い通りにならなことが多くて悲観的な気持ちになりやすいです。

ネガティブになるあまり、この先起こり得ないことまで考えてしまい、自分を追い込んでしまう人が多く見受けられる感じがします。

このまま内定が一つも貰えないのではないか、周りの人は上手くいっているのにどうして自分は。

などと悩み始めてしまったらキリがありません。

就活は、多くの内定や大手に内定を貰うことが目的ではなく、あくまで自分の成長のための手段として利用するものです。

周りの人と内定勝負などをしている様では、入社してから後悔することになってしまいますから。

大手の内定や内定数の多さは、残りの大学生活の一瞬では評価されるかもしれません。

しかし、卒業してから自分が満足できる生活をできるかどうかは、就活期間の過ごし方で大きく変わってくることでしょう。

就活が目的となってしまわない様に自分の成長や優先順位をはっきりさせて、それに向けて就活を進めていきましょう。

内定を早くもらった方がいいと勘違いしてはいけない

内定を早くもらえる会社が本当に良い会社かと言うと、必ずしもそうではありません。

と言うのも、内定は会社に入社するためには必要なものなのですが、それはあくまでも内定までの話。

入社してからは早く内定を貰えたかどうかは全く問題ないのです。

と言うのも、入社してからはどのような待遇なのか、どんな人がいてどんな環境でこれから働いてくのかを理解しておくことの方がよっぽど大切だとは思いませんか?

早期の内定に目が眩んでしまって、自分の今後の人生のために就活をしているということを忘れないでおいてください。

もちろん、内定を早い段階で出す会社が全て悪いとは言いませんが、逆に言えば早く内定を出す会社は「人手不足で早く新入社員を獲得したい!」と言う風に捉えることもできますよね。

そのような会社は、今後働いていく上で本当に良い会社だと言えるのでしょうか?

またその一方でユニークな福利厚生を掲げて長い期間をかけて採用試験を行うベンチャー企業などもありますよね。

内定を先急ぐばかりで会社の中身を理解せずに内定を得てしまうと、他の企業に落ち続けた時にその会社にいかざるを得なくなる恐れもあります。

最初から内定を得ることではなく、入社後のことを考えて有意義な就活を行うように意識していきましょう。

就活に失敗したら人生終わりだと勘違いしない

大学生は、卒業したら会社に入って定年まで勤め上げると思い込んでいる人がほとんどです。

今の時代では、新卒で会社に入るために就活をして、その就活に失敗したら人生終わりみたいな幻想は捨てるべきでしょう。

むしろ昔よりも色々な環境が整っているおかげで、やりたいことを実現するチャンスは圧倒的に多いですよね。

なので、就活で内定を貰えないからといって悲観的になる必要は全くありません。

また、そもそも自分が何をやりたいのか分からないといった人は、インターネット上のサービス(キャリアチケット等)を利用してみることをオススメします。

例に挙げたキャリアチケットで、就活相談人の中には、相談してから1週間で内定を決めた人までいます。

学生にとって無料でこれだけのサービスはとても貴重なので、気になる方は調べるだけでも構わないので見てみると良いでしょう。

実は就職に特別なスキルは必要ないですよ?

就活で多くの内定を持っている人、大手の内定を持っている人は凄いとよく評価されますが、就職には特別なスキルなんて必要ありません。

実際、企業のアンケートでも企業が学生に求めることNO1は人柄です。

新卒の学生にスキルを求めている会社は本当に稀で、多くは協調性や環境適応能力を短い面接時間で見ているだけなんです。

なので、企業から不採用の通知が来たからといって自分にスキルがないと考えるのではなく、短い時間でアピールできなかっただけと考えた方が良いですよね。

就活で悩む人の多くは、お祈りメールが来るたびに自分が無能だと悲観的になってしまっていますが、ただ単に運が悪かったと思いましょう。

もちろん改善点は多少あるかもしれませんが、中身を否定されたのではないと言うことをしっかり理解しておくと、無駄な悩みが解消されます。

悩まないで、緊張することはいいこと!

就活で会社に行くたびに緊張してしまう人は、緊張することを恐るあまりそれが悪循環となってしまっています。

そもそも緊張すると言うことは全く悪いことではなく、適度な緊張は普段の実力以上のポテンシャルを引き出してくれるので必要なこと。

スポーツで考えると分かりやすいですが、適度な緊張感は素晴らしいパフォーマンスに結びつきますが、緊張しすぎでは普段の実力以下しか出せませんよね。

緊張することを悪いことだと考えてしまう人は、後者に該当してしまい面接などでも思ったように行かなくなってしまいます。

なので、面接前などで緊張してきたらそれを上手く利用するぐらいの気持ちでいましょう。

緊張を生かすも殺すも本人の心がけ次第。

だから、せっかくの緊張感に押し潰されてしまわないように日頃から訓練しておくと良いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「悩める就活生に知ってほしい5つのこととは?」についてお伝えしました。

就活では悩みの種が多いため、悲観的になってしまう人、そのせいで負の連鎖を引き起こしてしまう人が多いです。

少なくとも悩んでいるのは自分だけではないと言うことを理解しておき、孤独な就活にならないようにしていくことが大切ですよ。

  1. ありもしないことに恐れない
  2. 内定を早くもらった方が良いと勘違いしない
  3. 就活に失敗したら人生終わりだと勘違いしない
  4. 就職に特別なスキルは必要ない
  5. 緊張するのは良いこと

これらのことをしっかり意識して就活に挑むことで、無駄なことで悩んでしまうことは少なくなるに違いありません。

そして、この記事を読んだ皆さんの就活が満足いくものになれば幸いです。