ビジネスメール リクおじさん

就活メールで面接日程を聞く際 に注意すべき5つの文章のポイント

就活メールで面接日程を聞く際 に注意すべき5つの文章のポイント

この記事の要点!

  • 内容は、宛先・挨拶・本文・締め・署名の順で書く
  • どんな返事が来ても必ず返信を
石木貴子
石木貴子

面接メールを企業の人に送りたいんですけど、何か気をつけなければならないポイントとかってあるんですか?

芋木坊太郎
芋木坊太郎

普段企業の人にメールを送ることなんてないから、ポイントなんて分からないよ。

リクおじさん
リクおじさん

確かに企業の人にメールすることなんて就活メールしかないので、意外と意識できていない人が多いものですよね。

石木貴子
石木貴子

面接日程を連絡する際に就活メールを送る時に、気をつけるべきことなどあれば教えていただきたいです。

リクおじさん
リクおじさん

よし。今回は、就活メールで面接日程について尋ねる際に気をつけるポイントやテクニックについてお伝えしていくよ。

面接メールを送る際には、気をつけなければならないビジネスメールが多数存在します。

普段、企業の方にメールを送る機会はないので、知らないうちに失礼なメールを送っているかもしれません。

今回は、就活メールとして面接日程について問い合わせる際に必要な知識をお伝えしていきます。

メールの文書構成

メールを書く順番

まずはメールを書く際の注意点として、文章構成に気をつけなければなりません。

基本的に就活メールで面接日程について尋ねる際は、

  1. 宛先
  2. 挨拶
  3. 本文
  4. 締め
  5. 署名

のようにすると良いです。

5つの就活メールのポイント

1.宛先

宛先を書く際には、会社名から部署名、採用担当者名まで省略することなくしっかり書きましょう。

「(株)○○工業」などと略すことなく、「株式会社 ○○工業」のように書く。

また、採用担当者の名前も当然ながらフルネームでしっかり書くようにしてください。

2.挨拶

いきなり本文から入るのは就活メールとしては好ましくありません。

  • お世話になっております
  • はじめてご連絡させていただきます

などの挨拶文を最初に持ってくることで、受け取った方が感じる印象は大きく変わるものです。

慣れてくるまで意外と忘れやすいので、就活メールを送信する前に必ず確認することをオススメします。

3.本文

ここまできて、やっと本文を書き始めます。

面接日程での本文の書き方としては、

今回は、二次面接のご連絡をいただき誠にありがとうございます。

日程に関しましては、ご指示いただいた以下の日程でお願い致します。

日程:7月3日(月) 15:30~

のように書くのが好ましいですね。

まずは感謝の言葉を述べて、そのあとで日程に関しての内容を書くようにしましょう。

4.締め

面接日程の内容だけ述べて終わってしまうと、社会人からはビジネスメールとして悪印象を感じられてしまいます。

締めの言葉として、必ず最後に感謝を述べるようにしなければなりません。

お忙しい中、面接日程を調整していただき誠にありがとうございます。

当日はよろしくお願い致します。

このように、簡単で良いので締めの一文を添えておくのが好ましいです。

5.署名

署名は面接日程だけでなく、どんなメールを送る際にも載せておくべき内容です。

毎回書くのが面倒な人は、事前に表示されるように登録しておくことをオススメします。

自分の名前や住所、電話番号、メールアドレスを書いておけばOKです。

就活メールでもライバルと差別化を

石木貴子
石木貴子

今まで知らなかった就活メールのテクニックやポイントについて学べました!

リクおじさん
リクおじさん

意外と知らずに就活を進めている人も多いから、他の人と差別化するためにもぜひ心得ておきたい内容だね。

芋木坊太郎
芋木坊太郎

これから面接日程についてメールする時には活用させていただきます!

リクおじさん
リクおじさん

分からなくなったり不安に思った時は、いつでもこの記事の内容を見返して振り返ってもらえると嬉しいよ。