面接対策 リクおじさん

就活の面接で絶対にやってはいけないこと5選!

就活の面接で絶対にやってはいけないこと5選!

この記事の要点!

  • 面接は自分を売りこむのが目的、それに繋がらない行為はタブー
  • 緊張しすぎないように!面接官も緊張するのはわかっています。

面接というと自己紹介に自己PRをしっかり準備し、場数を踏むことが大事を言われてますが、それと同時に守るべき内容があります。

それが、やってはいけないことをしないこと。

面接でやってはいけないってなに?どうせよくわからない社会人のマナーなんでしょ?

と、思うかもしれません。

ですが大丈夫。難しく考える必要はありません。

必要なのは、考え方を変えること。

学生だから社会人のことがわからないのではなく、面接でやってはいけない理由を判断される考え方を知ることです。

面接でやってはいけないこととは?

まず、面接は何をするのところか考えてみましょう。

大まかに考えれば↓の点が該当します。

  • 自己紹介
  • 自己PR
  • 志望動機
  • 企業への質問

これらの中に隠れた1つの共通点があります。

みなさんわかりますか?

それは、自分を売りこんでいることです。

就職活動は、最終的に企業に自分を売りこむ行為です。

自己PRなんかは典型的な例ですね。

企業に自分を雇うとメリットがあるよと伝えているわけです。

自己紹介も志望動機も、結局は自己PRのための布石にすぎません。

こちらから企業への逆質問も、

「自分はあなたの会社にこれだけ興味を持っている。だからこんな質問をしている。」

と言ってるにすぎないのです。

そのため、自分を売りこむことに繋がらない行為は全く意味がありません。

社会人は意味がない行為を嫌います。

時間が学生よりもないので、意味がないことに時間を使いたくないのです。

これがやってはいけないことの正体です。

もう一度言いますね。

自分を売りこむことに繋がらない行為=やってはいけないこと

これを意識した上で、代表的な悪い例を見ていきましょう。

面接でやってはいけないこと5選

1.緊張しすぎて自分のからにこもってしまう

面接に慣れていない人が一番やりがちなことですね。

面接に慣れていないと緊張してしまいます。しかし、これは仕方ありません。

どうしても緊張してしまうものはしてしまいます。

面接官も学生が緊張することはわかっていますので、緊張=やってはいけないこと、になりません。

むしろ気を使ってくれて簡単な質問をしてくれたり、フランクな会話をしてくれる場合が多いです。

しかし、緊張して、自分のからにこもってはいけません。

人間、緊張すると自分のからにこもってしまいがちです。

からにこもってしまうと、人の話をちゃんと聞くことができなくなります。

その結果、質問とずれた回答をしたり自分でも何を言っているのかわからない発言をしたりしてしまいがちです。

これをやってはいけないのです。

少なくとも全く自分のPRにはなっていませんよね。

面接官としてもこうなってしまったらお手上げです。

2.面接で声が小さい

これも慣れてない人はやってしまいがちなこと。

緊張すると、声が小さくなることが多いです。それも正面の相手に聞こえないぐらいに。

が、声が小さいと会話ができません。

普通にコミュニケーション取れないので困ります。

社会人になると初めましての人と会話をする機会がたくさんあります。

営業マンとの会話、応接対応、数えるとキリがありません。

初めて会った人から「声が小さいから大きい声出して!」と言ってもらえるでしょうか?

無理ですよね。

面接で声が小さいと、面接官はこのように想像するでしょう。

この学生を雇っても声が小さいからどこかで困るなと。

こうならないように、普段から意識して大きな声を出す練習をしておきましょう。

ちょっと意識するだけで全然違うので、地味ですが重要な要素です。

3.話を最後まで聞かない

面接は自分を売り込むことですが、そのためには面接官との会話を円滑に進めなければいけません。

声を大きくすることも、会話を円滑に進めるためでもあります。

なので、自分を売り込むと同時に会話のキャッチボールをする必要がありますが、これが難しい。

というのも、就活生はみんな熱くなりすぎる場合があります。

新卒の会社は社会人のとしてのファーストステップ、人生において重要なのでつい力が入ってしまいます。

しかし、面接ではそれが空回りしてしまいます。

落ち着いて、まず会話のキャッチボールをすることを心がけましょう。

4.質問をしない

質問をしないのはタブーですね。

なぜなら、熱意が感じられないから。

熱意を示さない

というのも、企業に興味があることを示さなければなりません。

やはりいくら有能な人でも、面接官としては熱意がある人に来てもらいたいと思っています。

熱意を一番伝えやすいのが志望動機と逆質問なのですが、どちらも熱意がない人が意外と多かったりします。

特に逆質問は誰でもできるので、やらないのは純粋に勿体無い!

もちろん、逆質問をしなくても熱意を示せる場合があるので、その場合は逆質問は不要です。

が、それは結局会話中で逆質問に当たることを話している場合が多いので、逆質問の準備が不要なわけではありません。

むしろ、しっかり準備していないと面接中に自分の熱意を伝えることはできません。

だから、逆質問は必ず準備するようにしましょう。

関連記事新卒就活で賢いと思わせる逆質問法とは?【面接前必見!】

5.爪をいじっくたり、貧乏ゆすりをしない

面接官は、就活生のことを隅々まで見ています。

面接中に爪をいじくったり、貧乏ゆすりしたことも見逃しません。

そのようなことをすると人間としての印象がかなり悪くなってします。

それだけで落としたりはしないでしょうが、それでも大減点には繋がるので、不用意に減点にされるのは勿体無いです。

ちなみに、人事は面接で爪自体も観察しているので、爪の手入れはちゃんとしておきましょう。

面接でやってはいけないことまとめ

まとめると

  • 緊張しすぎて自分のからにこもってしまう
  • 声が小さい
  • 話を最後まで聞かない
  • 質問をしない
  • 爪をいじっくたり、貧乏ゆすりをしない

そして、これらは

自分を売りこむことに繋がらない行為=やってはいけないこと

という前提があります。

面接に不慣れは方は、↑のことを頭にいれて面接に挑んでいただければと思います。

長所を探すよりも短所を潰す方が楽なので、面接で成果が出てない人には非常に効果的ではないかと思います。