面接対策 リクおじさん

【長所とは違う!】面接で強みを聞かれた時にうまく答える3つのコツ

【長所とは違う!】面接で強みを聞かれた時にうまく答える3つのコツ

この記事の要点!

  • 強みは仕事に活かせること。長所はプラスな特徴。なので、強みは企業によって変える必要がある
  • 強みが企業に向いているのか、客観性があるのかを確認している。
  • 過去のエピソードと共に5W1Hを用いて強みを伝えること
芋木坊太郎
芋木坊太郎

面接で強みについてよく聞かれるんだけど、どう答えるのが正解なんだろう
長所でいいのかな?

リクおじさん
リクおじさん

実は強みと長所って微妙に意味がちがうんだよね〜。今日は、長所と強みの違いと、うまく答えるコツについて。

よくある間違い!長所と強みは違う

面接でよく聞かれる。自分の強み。

聞かれた時は強みを素直に答えればいいのですが、注意が一点。

強みとして”長所”を答えるのはNGです。

というのも、

強み=長所

ではないから。

強みと長所それぞれの意味と違うところ

まず強みと長所、それぞれの意味を確認しましょう。

  • 強み:他人と比べて優れており、仕事に直接的に生かすことができること。
  • 長所:自分の中のプラスの特徴

どちらもプラスな特徴という意味では共通しています。

が、仕事に生かすことができるかどうか。

ここが違うところです。

「仕事に生かすことができるか」

これによって、強みは企業によって変える必要があります。

どういうことかというと、受ける企業によって仕事に活かせる内容が違うからです。

だから強みは受ける企業によって変える必要があります。

それに対して長所は自分の強い部分なので、不変です。

なので長所は変える必要がありません。

面接で強みを聞いてくる2つの理由

強みと長所の違いについて理解できましたか?

さて、面接で強みを答えるため、なぜ強みを面接で聞いてくるのか?

その意図についてお話します。

強みを聞く意図としては以下の2つ。

  • 客観的に自分の特徴を見ることができるのか
  • 強みが企業に向いているのか

1.客観的に自分の特徴を見ることができるのか

新卒採用は、ポテンシャル採用とも言われています。

長期間コストをかけて育てるので、それに見合うポテンシャルが高い学生が欲しいわけです。

ポテンシャルがあるなしは、いろんな見方がありますが、1つは自分を客観視できるのか。

客観的に見れれば、何事も論理的に対処が可能です。仕事上で困難なことや難しいことも。

なので、客観視ができる人は企業からの評価が高いのです。

面接でも客観視できるかどうかは常にチェックされています。

2.あなたの強みが企業に向いているのか

また、その強みがそもそも企業に向いているかももちろん見ています。

  • その強みは本当に企業で活かせるのか
  • 本当に企業に役に立つのか

どれだけ優秀でも、役に立つと判断されなければ、企業は採用しません。

プロ野球球団がアーチェリーがうまい選手を採用しませんよね?

それと同じです。

職業別の強みの例

コツを見る前に強みの例を見て見ましょう。

  • 研究職:コツコツと継続した努力ができる
  • 営業職:人見知りが全くなく、人とすぐ仲良くなれる
  • 技術職:職人肌で、自分が始めたことは全てを極めるまで勉強します

簡単な例としてはこのようなものです。

どれも職種にあった活かせる強みですね。

実際に面接で言うときはもっと深く話しましょう。

もう少し具体的に伝えるように。

関連記事文章構造PREPで作る自己PRの作り方と参考になる例文集20選

面接で強みをうまく答える3つのコツ

さて、実際のコツについてお話しして行きます。

先ほど、例をあげましたが、実際はこんなシンプルに話さないように。

重視するポイントは2つあります。

  1. どんな強みなのかかなり具体的に
  2. 過去のエピソードを交えて説得力を持たせる
  3. 相手に伝わりやすい文章構造を使う

1. どんな強みなのかかなり具体的に

面接官はあなたと初めて会います。

だから、ただ単に強みを伝えるだけでは伝わりません。

具体的に言うと、どんな状況で、どんな場面で、どのようにあなたの強みが発揮できるのかを話すように。

5W1Hを意識するといいでしょう。

  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(誰が)
  • What(何を)
  • Why(なぜ)したのか?
  • How(どのように)

2. 過去のエピソードを交えて説得力を持たせる

また、過去のエピソードを交えて説明するといいでしょう。

自然と5W1Hで説明できるだけでなく、現実の話をするので説得力を持たせやすいです。

3.強みを伝える文章構成

相手に伝わりやすい文章構成があります。

PREP法と言う、プレゼンでよく使われる手法があるのですが、それの文章構造を使うといいでしょう。

よく、結論から先に伝えるように言われると思いますが、これもPREP法なのです。

で、PREP法を就活仕様にアレンジしたものが↓です。

  1. 私の強みは〇〇です。
  2. と言うのも過去に〇〇ということがったのです。
  3. 〇〇では、〇〇を目標にしていたので、〇〇な努力をしました。
  4. その結果、〇〇ということになりました。
  5. このことから〇〇が強みなんだと思います。御社に入っても〇〇を生かして〇〇ができればと考えています。

特に5番目に注目してください。

最後に強みをアピールし、会社でどのように仕事をしていくのかアピールしています。

人はセールスがないと物を買いません。

就活はあなたを企業に売り込む行為なので、必ずセールスをつけるように心がけましょう。