面接対策 リクおじさん

面接で世間話をするムードになっても油断するな!心がける3ヶ条

面接で世間話をするムードになっても油断するな!心がける3ヶ条

この記事の要点!

  • 就活武装をした学生の本音が知りたい
  • 世間話をする=落選ではない。逆に評価が高い場合が多い。
  • 世間話だからといって、油断しないように!
芋木坊太郎
芋木坊太郎

前の面接が世間話みたいで、雑談のようだった。
これってどうなんだろ。

リクおじさん
リクおじさん

それは意外と評価が高いのかも?
なんで、油断しちゃダメだね。

芋木坊太郎
芋木坊太郎

はあ・・・。じゃあ、この時はどう答えればいいですかね?

リクおじさん
リクおじさん

この記事で解説するね!面接が世間話だった時に心がけたい3ヶ条について!

なぜ面接で世間話をする?

就活の面接は基本、

「志望動機はなんですか?」

「弊社を志望している理由はなんですか?」

というように、格式張った上で、重い雰囲気で行われることが多いです。

しかし、稀に雑談のような世間話中心で面接が行われることも。

「最近何してるの?」

「就活大変だよね〜。」

みたいな感じで話が振られることがあります。

これは雑談ですね。

もちろん意図があるのですが、それの理由はなんなのでしょうか?

就活武装した人の素を見たい

就活はある程度の対策ができます。面接なら、質問をがっちがちに用意するように。

ある意味この記事を見ている人も就活武装をしているのかもしれませんね。

就活武装自体は、しっかり準備することの現れなので恥ることはありません。

が、面接官によっては武装ではなく、就活生の素を見たい人もいます。

なので、その素を見るために、世間話・雑談をしたりするのです。

最初はたわいもない話に見えて、最終的に本音を引き出そうとしてきます。

面接で世間話をされる→落選ではない

ちなみに、世間話をされた人の感想として、「落選なのか?」と思う人がいます。

が、そんなことはありません。

なぜなら、

世間話をする→本音を引き出したい→なぜなら、興味があるから。

という狙いがあるため、落選した人に対して世間話は絶対にしません。

落選していれば、それっぽい質問を適当にして時間を稼せげばいいわけで。

わざわざ手間のかかる世間話をするはずがありません。

面接で世間話になった時に心がける3ヶ条

で、世間話から本音を引き出そうとしてくるのですが、注意すべきことが3つあります。

  1. 油断しない
  2. 会話が広がるような回答を(会話のキャッチボール)
  3. 仕事ができるかを見られているので、ネガティブな話はしない

1.油断しない

世間話だからって油断してはいけません。

よく、世間話になって気が緩んでしまい言葉遣いが悪くなったり、タメ語になったりする人がいます。

もちろんNGです。

油断しない

敬語を崩さないように

2.会話が広がるような回答を(会話のキャッチボール)

また、世間話には雑談力を求めている場合も。

というのも、会話のキャッチボールができるか確認したいのです。

緊張でガチガチになってもキャッチボールができるのか。

仕事でもコミュニケーションは求められますが、緊張している状態がないわけではありません。

面接で緊張している場面でも雑談、キャッチボールができるのか確認しています。

なので、質問に対してはシンプルに答えるだけはオススメしません。

プライベートな内容でも、さらに深堀しやすいように返事をしてあげるといいでしょう。

3.仕事ができるかを見られているので、ネガティブな話はしない

雑談・世間話と言えど面接です。

あなたが仕事ができるのか見られているので、ネガティブな話、マイナス評価に繋がることは言わないように。