面接対策 リクおじさん

【こわすぎワロタw】面接が怖い、できない人のための3つの心構え

【こわすぎワロタw】面接が怖い、できない人のための3つの心構え

この記事の要点!

  • 面接が怖いのはあなただけじゃない!みんな怖いんだ!
  • 落ちても自分を責めないように。ただ合わなかっただけと思おう。
芋木坊太郎
芋木坊太郎

面接マジで怖いんだけど・・・。

石木貴子
石木貴子

私も、、、正直いけば行くほど怖さが増してってる・・・。

リクおじさん
リクおじさん

うーん、面接は就活の肝何だよねー。怖いのはわかるんだけど、そこで心が折れると内定が手にないらないんだよねー。

リクおじさん
リクおじさん

じゃあ、今日は面接が怖い人に向けて面接の心構えを伝授しようかな!

面接が怖くない人はいない

まず、面接が怖くない人はいない。

面接が怖い・・・

怖いのはあなただけじゃありません。

なので、

「自分の能力が悪いから。自分がダメなやつだから面接が怖いんだ」

とは思わないように。能力に差がある人はそんなにいません。

というよりも本当に差があれば、普通の就活せずに起業したり、海外就職しているので、安心してください。

就活生の能力の差は、社会を広く見れば微々たる差しかありません。

面接はみんな怖いのです。自信を失ってはいけません。

就活生同士に能力の差はたいしてない。本当にあれば起業とかしているから。

なお、面接にビビってサボるのは辞めた方が今後の人生でベターです。

1回の面接であなたのことが全てわかるわけじゃない

1つ質問があります。

あなたは数十分程度の会話で相手の全てを理解できるでしょうか?

できないですよね?それも対して理解できないでしょう。

就活の面接もこれと同じです。

ぶっちゃけ面接官もあなたのことをあまり理解していないでしょう。

もちろん相手もプロです。

ESや履歴書もあるので、仕事で必要な能力について判定するレベルは理解できるでしょう。

ですが、あなたのことは理解できません。

なので面接の結果はあなたの人格否定でないのです。

落ちたからといって、精神を病まないでいただければと思います。

お祈りメールはお祈りメールでしかない

それに関連して、面接に落ちると、

「慎重に選考を進めた結果、誠に残念ながら、今回は貴意に添いかねる結果となりました。」

というようなお祈りメールが送られて来るでしょう。

がっかりしますよね。

「これまでの準備・面接までの時間は何だったんだ!」

と思うことでしょう。ですが、あまり気落ちしないでいただきたいです。

お祈りメールはお祈りメールでしかありません。

それ以上でもそれ以下でもない

ただ、面接に落ちただけなのです。それ以上でもそれ以下でもなく。

ただ面接に落ちただけ。

何が言いたいかというと、自分をダメなやつだと思って欲しくないのです。

ただ、面接に落ちただけなので、必要以上に落ち込まないようにしましょう。

落ちたら、

「あいつら、俺のこと全くわかってないなwww」

ぐらいに笑い飛ばしておきましょう。

本当にこんな考えで大丈夫です。

関連記事自分を追い込まないで!悩める就活生に知ってほしい5つのこと

面接が怖い人に効く3つの心構え

前置きが長くなりましたが、まず以上のことを頭に入れてください。

これだけでかなり気が楽になるはずです。

さて、面接が怖い人に効くのはこちらです。

  1. 失敗しても気にしない、次がある
  2. 面接に来てやってるぐらいの心を持とう
  3. 身なりで自信をつける。社会人オーラの真似をしよう!

1. 失敗しても気にしない、次がある

就活生は次があります。

別の企業を受ければいいのでダメージはでかくありません。

それに対し、実は企業の方が次にいきにくいのです。

何でかというと、企業は人を手配するにも会場を準備するのにも、全てにそれなりのお金がかかります。

就活性も交通費がかかったりしますが、それとは全く比べ物になりません。

なので企業側の方が、失敗しても次をやるのは結構大変。

それを思えば就活生は次に簡単にいけるますよね。なので、失敗しても気にしないように。落ちて辛いのは、実は企業側です。

人間下を見れば気持ちが楽になるというので、ここでは容赦なく見ちゃいましょう。笑

2. 面接に来てやってるぐらいの心を持とう

上に関連して、なので就活生側は面接に来てあげていると言っても過言ではありません。

あくまで立場は対等、現実は向こうの方が偉いように見えますが、来てやっているぐらいの心を持っても何らおかしくありません。

どんと構えましょう。

3. 身なりで自信をつける。社会人オーラの真似をしよう!

怖いのは、社会人が苦手だからじゃないでしょうか?

社会人と接すると何か独特の雰囲気があるのに気づくでしょう。

面接で怖いのはあの雰囲気、社会人オーラーなのです。

なぜ面接が怖い?

社会人オーラーに気後れするから。

なので、その怖い元に対処しましょう。

社会人オーラーをだす方法

出すには

  1. 身だしなみを整える
  2. 姿勢を正す
  3.  根拠のない自信をもつ

この3つです。

身だしなみは、【徹底解説】就活は身だしなみから!ポイントを抑えようを参考に。

姿勢については以下を意識。

姿勢を正しかた

  • 背すじを伸ばす
  • 首をあげる。下向きにならないように。
  • 声を大きく出すように

声は姿勢じゃありませんが、ここも意識しておくといいでしょう。

大きい声を出せば、自分に自信がついてテンションが上がります。

根拠のない自信をもつ

根拠のない自信についてですが、ここが一番大事です。

ですが、特に特別な準備は必要はありません。

身だしなみを整えて、姿勢を正せばいいでしょう。後は、自然について来ます。

ただ自信を出す意識がないと、そう思わないはずないので、自信を意識して持つように!