面接対策 リクおじさん

面接で尊敬する人について聞かれた時にうまく答える3つのコツと例

面接で尊敬する人について聞かれた時にうまく答える3つのコツと例

この記事の要点!

  • 価値観が企業風土とずれていないか確認している
  • 5W1Hを用いて回答を!
  • 面接側もある程度知っている人物の方が会話になりやすい
芋木坊太郎
芋木坊太郎

面接で尊敬する人を聞かれたんだけど、うまく答えるコツって何かな?

リクおじさん
リクおじさん

この記事で具体的に解説するよ!

面接で尊敬する人を聞く3つの理由

なぜ尊敬する人を面接で聞くのでしょうか?

理由は大きく以下の3つがあります。

  1. どんな価値観なのか
  2. 価値観が企業風土とずれていないか
  3. 教養はあるのか

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.どんな価値観なのか

尊敬する人、尊敬する理由からどんな価値観をしているのか知りたいのです。

就活は将来のポテンシャル採用とも言われています。

だから、尊敬する人の価値観からポテンシャルを測ろうとしています。

2.価値観が企業風土とずれていないか

価値観が素晴らしくポテンシャルが見込めても、それが企業風土とずれていれば採用しません。

考えが違うとわかっている人を企業はわざわざ採用しないのです。

価値観を聞いて、企業風土とずれていないのか確かめる意図もあります。

3.教養はあるのか

採用をするのなら、ある程度の教養も欲しいとこです。

自分から情報を集め、本などを読んでいるのは尊敬する人の1人や2人はできるでしょう。

もし、尊敬する人がいないのなら教養がないのと同じこと。

尊敬する人を聞くことで、ある程度の教養があるのかも調べています。

面接で尊敬する人を答える3つのコツ

聞かれがちな質問でもあるので、面接前にあらかじめ準備しておくことをおすすめします。

答えるコツはこの3つ。

  1. 好きな人ではなく尊敬する人(意味と取り違えないように)
  2. どの部分を尊敬しているのか具体的に
  3. 歴史上の人物か最近の偉人が答えやすい

1.好きな人ではなく尊敬する人(意味と取り違えないように)

よくあるミスとして、好きな人を答えてしまうのが1つ。

詳しくいうなれば、好感度が高い人でしょうか。

好きな人と尊敬する人の意味を混同して答えてしまう人がいます。

聞いているのは、「尊敬する人」なのです。尊敬する人を答えるように。

尊敬する人と好きな人を混同しないように

2.どの部分を尊敬しているのか具体的に

尊敬する人を答えるのを前提をした上で、どういうところを尊敬しているのか具体的に答えるように。

5W1Hを使って答えるのがいいでしょう。

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

これをそのまま尊敬する人に当てはめるといいでしょう。

自動で具体的になります。

3.歴史上の人物か最近の偉人が答えやすい

答える人物ですが、歴史上の人物か最近の偉人が答えやすいでしょう。

というのも、全く知らない人物だと面接官も反応が難しい。

面接で価値観を見せるのはいいのですが、こだわりすぎてコミュニケーションがやりづらくなってしまうのは本末転倒。

面接感もある程度把握している人物だと円滑にコミュニケーションが取れるでしょう。

そこでおすすめなのが、歴史上の人物か最近の偉人。

答える偉人の例

歴史上の人物

  • 坂本龍馬
  • 徳川家康
  • 武田信玄

のような、日本の歴史の人物で有名どころは答えやすいでしょう。

最近の偉人

  • スティーブジョブズ
  • イチロー
  • 三浦知良

最近の偉人で誰でも知ってて、答えやすいのはこのような人物。

会話を広げる為にも、みんながある程度知っている人物を答えるのがいいです。