面接対策 リクおじさん

面接でエントリーシートと同じ質問が来たらどうしたらいい?被る

面接でエントリーシートと同じ質問が来たらどうしたらいい?被る

この記事の要点!

  • エントリーシートと話すことが違うと、あなたの信憑性がかなり下がる。準拠した内容を話すように!
  • 丸暗記して内容を話してもいいが、棒読みにならないように。
  • エントリーシートと同じ質問が来た場合は、それを深堀したい場合が多いので注意!
芋木坊太郎
芋木坊太郎

面接てさ、履歴書やエントリーシートに書いたこととかぶる部分があるんだけど、それって同じでもいいの?

リクおじさん
リクおじさん

そうだね。かぶる部分は同じで大丈夫だよ。
ただ、棒読みをしているだけはダメだね。

芋木坊太郎
芋木坊太郎

あー、やっぱりそのまま言うだけじゃダメなんですね。

リクおじさん
リクおじさん

具体的にどのように言うのかについて解説するね。面接でエントリーシートの内容を話すことについて。

履歴書・エントリーシートの内容を面接で聞かれれば、被ってもいいので同じように話せ

「エントリーシートで書いたことをまた聞かれた。」

「履歴書にあるのに、面接で聞かれた。」

就活をしているとこのようなことがあると思います。

エントリーシートに書いたことを再び聞かれる事件

事件でもなんでもなく、エントリシートに書いたことをそのまま話せばいいのですが、その中で注意すべきことがあります。

エントリーシートと同じ内容を話す時の2つの注意点

  1. エントリーシートに準拠した内容にする
  2. 棒読みにならないようにする

1.エントリーシートに準拠した内容にする

まず最低限として、エントリーシートの内容とずれないようにすること。

就活生の中には、エントリーシートとずれた内容を話している人もいますが、それはNG。

エントリーシートと話すことが違うと、あなたの信憑性がかなり下がります。

エントリーシートと話すことが違うと

あなたの信憑性がかなり下がる

それは当然と言っていいでしょう。

なぜなら、あなたからもらって情報で相違があるので、面接側は「なんだ?」となってしまいます。

そうなると面接側はあなたのことが信頼できません。

面接なのに、相手の話が信頼できない。こうなるとアピール云々ではなく、落ちるしか道はないでしょう。

まずは、エントリーシートの内容と話が変わらないように。

2.棒読みにならないようにする

エントリーシートの内容とずれないように丸暗記をして、面接でそれをそのまま言う。

問題はありませんが、注意が1つ。

棒読みにならないようにしましょう。

と言うのも、丸暗記をしてそれをそのまま話していると、棒読みになりがちです。

丸暗記を伝えるのは、伝え方としてはいまいち。

話し言葉と書き言葉は違うので、話し言葉として伝わりやすくなるように、ちょっと修正するといいでしょう。

エントリーシートの内容を話すときは、書けなかったこともちょっと話す

また、紙に書いている場合は、どうしてもスペースの問題があります。

「もうちょっと熱意の部分を描きたいけど、スペースがないから書けなかった」

このように、書きたかったけど書けなかった内容があると思います。

面接で話す際は、その部分を出しつつ話すといいでしょう。

自然と感情がこもり伝わりやすくもある。

スペースの問題で書けなかったことも一緒に話とGOOD!

エントリーシートの内容を再び聞いてくるのは、突っ込んだ質問をしたいから?

そもそも、なぜエントリーシートと同じ内容を聞いてくるのでしょうか?

理由は様々ですが、1つだけ言えることとしては、面接側は突っ込んだ質問がしたいのです。

エントリーシートの内容を聞いた後に、突っ込んだ質問がくることは多い。

その理由は、話の信憑性を確かめるためかのか、重要な内容だったからより深い内容を聞きたいのか。それはその面接官にしかわかりません。

ですが、何らかの目的があって、突っ込んだ質問をすることは多いでしょう。

社会人としての対応力も見られている

面接では社会人の対応力も見られています。

より突っ込んだ質問に対して、対応できるかも大事なのです。

なので、エントリーシートと同じ質問がされたときは、より突っ込んだ質問が来ると思い、身構えておくといいでしょう。

もちろん、それに対応するため、自己分析の深堀も必須です。