エントリーシート リクおじさん

【例文あり】内定を取る総合商社への志望動機の書き方を徹底解説!

【例文あり】内定を取る総合商社への志望動機の書き方を徹底解説!

総合商社への就職を目指すそこのあなた!

かつてのイメージとは違い、ビジネスを生み出すような役割を担っている企業も増えた今、ビジネスを新規開拓していくことなどにやりがいを求め就職を志望する人も増えていることでしょう。

ただ、何もないところからビジネスを生み出すことはそう簡単ではありません。

それゆえ、高い意識を持った就職希望者が集まり、エントリーシート通過だって楽なものではないです。

だからこそ今回は、そのハイレベルの争いを勝ち抜き、企業へ入社したいという熱意を伝える方法というのを伝授していきましょう!

総合商社内定者の志望動機とは?

では実際に総合商社に内定を決めた先輩のエントリーシートを参考に、志望動機をどのように述べているのかを解説していきましょう。

三菱商事株式会社

貴社の強みである高いアプリケーション提案力や優れた品質を海外に提供していく姿勢に惹かれています。現在発展途上国の経済の急速成長により、人々の給料が上がり、また健康意識が高まった結果、高品質なものに対する追求が増えてきています。海外市場の拡大に目を向けている貴社において、現地のニーズを探り、日本の食卓に根付いている高品質の商品を現地の嗜好性に合わせて開発したいと考え志望します。日本の味を海外に広げつつ、海外の人に安心や美味しさをもたらすことができたら幸いです。

引用元:Rakuten みん就様より

総合商社に勤めたい理由を先行結論型で述べよう

貴社の強みである高いアプリケーション提案力や優れた品質を海外に提供していく姿勢に惹かれています。

例文の冒頭部分ですね。ここでは、必ず結論を述べなくてはいけません。

エントリーシートは絶対先行結論型で述べるべきという記事でも詳しく記載しておりますが、どんな業界、業種であろうとエントリーシートを記載する際は、最初に結論を述べます。

例の場合、”アプリーケーション提案力と高い品質を海外に提供していく姿勢に惹かれている”と述べていますが、見る人が見れば、結論の中に根拠がかけていると指摘するような人もいるでしょう。

ただ、忘れてはいけないのが

エントリーシートには

  • 文字制限があること
  • 人気企業になればなるほど応募者数も多く、一語一句読んではもらえないこと

以上の2つです。そのため、志望動機という企業からの質問に対する答えを述べることが最優先になります。

なので、結論の根拠は後結論が何よりも先、ということを忘れないように文章を設計していきましょう。

総合商社の中でもなぜ貴社なのか?を明確に

海外市場の拡大に目を向けている貴社において、現地のニーズを探り、日本の食卓に根付いている高品質の商品を現地の嗜好性に合わせて開発したいと考え志望します。

志望動機を書く際にありがちなのが、なぜ貴社ではないとだめなのか?という点を伝えきれてないこと。

というのも、業界が同じであれば業務内容がさほど変わらないこともあるでしょうし、それってライバル企業でもできるよね?なんて突っ込まれても反論されないような文章では熱意が伝わりません。

貴社が自分にとって唯一無二の存在であることを、誠意を持って伝えましょう。

例文の場合、”海外市場に目を向けている貴社において”と、”貴社”と名指して記載しているので、この企業だからこそできる、この企業だからこそやりたいんだという熱意のようなものがしっかり伝えられていますね。

全てのケースで”貴社”と盛り込む必要はありませんが、表現方法に迷ったときには例文のように使ってみるのもオススメです。

就職したい商社への熱意を伝える際に触れるとオススメ

  • (※就職したい 以下略)商社の企業理念に関して触れる
  • 商社の社員イメージを伝える
  • 商社ビジネスモデルに関して触れる
  • 同業者との差別化できてる点をあげる
  • 商社の歴史に関して触れる
  • 商社の実績に関して触れる

【番外編】総合商社への就職を選んだ理由の書き方

現在発展途上国の経済の急速成長により、人々の給料が上がり、また健康意識が高まった結果、高品質なものに対する追求が増えてきています。

文字数の制限がある以上、必ず記載したほうがいいとは言えませんが、なぜ商社を選んだのか?なんて部分まで文章に盛り込めると、より説得力がある文章になると言えるでしょう。

例の場合、核心をつくようなところまで述べられていませんが、海外の経済成長により需要が生まれていることを述べているので、印象はいいです。

総合商社へのこだわりを伝えるさいに触れるとオススメ

  • 商社業界の需要
  • 商社業界の立ち位置が仲介役ではなくなり、生み出す側にシフトしている点
  • 市場開拓への魅力
  • 商社業界への疑問(思うこと)