エントリーシート リクおじさん

【例文あり】内定を取るメガバンク(銀行)の志望動機の書き方を徹底解説!

【例文あり】内定を取るメガバンク(銀行)の志望動機の書き方を徹底解説!

この記事の要点!

  • 銀行へ就職したい1番の理由を結論として最初に持ってくるべき(先行結論型で述べる)
  • 就職したい銀行の社員の印象や育成方法への共感などをあげ、企業への関心の高さをアピールすると印象がいい
  • 銀行と人々の生活の密接度などを用い、銀行業界へのこだわりまでかけると説得力が多いにます

メガバンクと言われる、日本なら誰でも知るような銀行への就職を目指すあなた!

人の生活へ欠かせないお金に携わる業務に魅力ややりがいを期待して、業界への就職を熱望している人も多いのではないでしょうか?

世間的には銀行マンなんて言われ、真面目、収入がいい、安定感がある、なんてプラスのイメージが先行するのも魅力の1つですね。

そんな世間的にもイメージがいい銀行マンへのハードルですが、やはりメガバンクともなるとどこもハイレベルなライバルが集まり、壁は低いものではありません。

だからこそ、第一関門であるこのエントリーシートで差をつけ、志望動機の欄で企業へ勤めたいという熱意を人一倍伝える努力が必要になります。

そんなわけで今日は、どうやったら採用担当者に熱意が伝えることができるか?という点を詳しく解説していきたいと思います。

メガバンク(銀行)に内定した人のエントリーシートとは?

では、実際にメガバンクと言われる日本でも有数な大きな銀行に就職した方のエントリーシートを見ていきましょう。

三井住友銀行 志望動機

貴社で働くことで私の夢を実現できると考えたからです。将来はファイナンスに関わる仕事を通じて、日本経済に活力を与えたいという夢を持ちました。金融業界の中でも銀行業界は業務が幅広く、様々なアプローチでお客様のニーズに応えられるところに魅力を感じているため、志望しています。特に貴社は若手のうちから仕事を任せてもらえるため、成長スピードが速いとお伺いしました。またSMBCラウンジや学内説明会で行員の方とお話しさせていただいた際、自分の仕事について生き生きと語る方が多い印象を受け、一緒に働きたいと強く思いました。貴社で多くの部門を経験し金融のプロフェッショナルと成長し、日本経済の発展に貢献したいです。将来的には、M&Aアドバイザリーとして、企業と企業をつなぐ環境作りに携わりたいです。

引用元:Rakuten みん就様より

メガバンク(銀行)に勤めたい理由を先行結論型で述べよう

貴社で働くことで私の夢を実現できると考えたからです。

先行結論型の記事でも詳しく述べておりますが、エントリーシートは基本的に一文字一句を丁寧に読んでもらえないと思っておきましょう。

なぜなら、読む価値がないと最後まで読まれないからです。

そのため最後まで読んでもらうために、自分が銀行に勤めたいという最大の理由を最初に述べる必要があります。

今回の場合は “夢の実現ができると考えたため” が1番の理由ですね。

一見シンプルで、物足りない感情を抱いてしまいがちですが、銀行に勤めたい根拠を長々話された時点で、「結局何がいいたいのか?」と説得力がない文章が出来上がりがちです。

ここは相手が、何人も何十人も、人によっては何百人というエントリーシートを見続けたなくてはいけないことまで考え、シンプルに、何より自分の1番の思いを伝えることを書くようにしましょう。

根拠は結論を述べたあとで十分です。

とにかく、結論が一番先、忘れないようにしましょう。

数あるメガバンク(銀行)の中でもなぜ貴社なのか?を明確に

特に貴社は若手のうちから仕事を任せてもらえるため、成長スピードが速いとお伺いしました。またSMBCラウンジや学内説明会で行員の方とお話しさせていただいた際、自分の仕事について生き生きと語る方が多い印象を受け、一緒に働きたいと強く思いました。

結論を述べたあとは、その結論に対する根拠を述べつつ、「自分がこの銀行にどうしても勤めたいんだ!」という熱き思いを伝えなくてはなりません。

例文の場合、勤めたい企業の育成方法(若手のうちから仕事を任せてもらえる)、あとは説明会の際の社員の印象(自分の仕事について生き生きと語る方と一緒に働きたい)と、その企業にしかないものに関して触れられているので非常にいいですね。

自分が説明会に顔をだして熱心に社員の方と話しをするように努めたことや、育成方法などを知ってる点から、質問や入ってからのことまでも関心を抱いてると、間接的ですが理解してもらえることもあるので、これらの2つを根拠に持ってくることで熱意が伝わりやすくなります。

就職したい会社への熱意を伝える際に触れるとオススメ

  • 就職を志望する企業の経営方針、育成方針
  • 志望する企業で関わったことのある社員の印象
  • 就職を希望する銀行の業界における立ち位置
  • 競合企業がやってないけど、やっていること

【番外編】なぜ銀行への就職を選んだのかを記載する

日本経済に活力を与えたいという夢を持ちました。金融業界の中でも銀行業界は業務が幅広く、様々なアプローチでお客様のニーズに応えられるところに魅力を感じているため、志望しています。

エントリーシートに絶対的に必要ではありませんが、業界へのこだわりまでかけると説得力がある文章になると言えます。

例文では、日本経済のことや、銀行が果たす役割の幅広さについて言及し、それを銀行への就職を選んだ動機として説明しています。

銀行に就職するということは人々の生活と深い関わりをもつということを意味するので、そこに関してのやりがいを記載するのもオススメですね。

銀行業界へのこだわりを述べるときに触れるとオススメ

  • 業界全体の需要
  • 現代における銀行の大切さ
  • 銀行業務に関しての関心
  • 人々の生活と銀行について
  • 業界への不満(改善したい)