エントリーシート リクおじさん

【例文あり】内定を取る地方銀行への志望動機の書き方を徹底解説!

【例文あり】内定を取る地方銀行への志望動機の書き方を徹底解説!

地方銀行への就職を目指すそこのあなた!

実際に銀行のサービスに触れる機会が、お金の振込や引き出しくらいしか経験がなく、どんなことを書いて熱意を伝えたらいいのか悩んでませんか?

銀行の仕事はたくさんありますが、学生のうちにそれらに触れる機会も少ないので、実際に利用した経験を通して志望動機を仕上げるのは非常に難しいですよね。

今日はそんなあなたのために、実際に地方銀行に内定をもらった人のエントリーシートを例に、重要なポイントを説明していきます。

例に習って、地方銀行だからこそ勤めたい!この銀行で働いていきたい!ということを伝えれるように見ていきましょう。

地方銀行内定者のエントリーシートとは?

では実際に銀行へ内定をもらった型の志望動機を参考にしていきながら解説していきましょう。

志望動機 千葉銀行

「人の生活を支える仕事」という軸にあっているからです。その中でも、生まれ育った千葉県の経済活性化に貢献できる点、域内の圧倒的な情報量を保有する点、地域に密着し人々からの信頼が厚い点に魅力を感じました。

興味を持ったきっかけは、千葉県の中小企業でアルバイトをしたことです。中小企業の挑戦をサポートできることが千葉県の経済活性化に繋がると思います。
また、全国転勤がなく、女性が働きやすい環境にも惹かれました。

金融の専門知識も身につくという点に関しても、勉強が好きなので向いてるのではないかと思ったから。

引用元:Rakuten みん就様より

地方銀行に勤めたい理由を先行結論型で述べよう

「人の生活を支える仕事」という軸にあっているからです。

銀行勤務を希望する人に限らず、エントリーシートは先行結論型で文章を仕上げるのが基本です。

この場合の例文を見ても、短くて非常にシンプルですが「人の生活を支える仕事がしたいから」という、質問に対する答えがしっかり書けているので印象はいいです。

先行結論型というと、質問の答えにあたるこの部分を充実させると勘違いされがちですが、例文ほどシンプルで構いません。

冒頭で根拠を充実させるのではなく、質問に対する答えを述べるのが最優先です。そこに至るまでの根拠や経験などはあとに書くようにしましょう。

地方銀行の中でもなぜ貴社なのか?を明確に

生まれ育った千葉県の経済活性化に貢献できる点、域内の圧倒的な情報量を保有する点、地域に密着し人々からの信頼が厚い点に魅力を感じました。

興味を持ったきっかけは、千葉県の中小企業でアルバイトをしたことです。中小企業の挑戦をサポートできることが千葉県の経済活性化に繋がると思います。

また、全国転勤がなく、女性が働きやすい環境にも惹かれました。

例の場合、地方銀行なので、その地域で育ったことや地域活性のことを述べることで筋が通った文章になりますし、その企業が自分にとって唯一無二だということが十分すぎるくらい伝わる内容になります。

就職したい地方銀行への熱意を伝える際に触れるとオススメ

  • 地域密着への企業理念
  • 地方銀行にもか関わらずメガバンクに負けないサービスを展開している点
  • 実際に利用して便利だったサービス
  • 地域に対して感じること

【番外編】地方銀行への就職を選んだ理由の書き方

なぜ銀行なのか? 三井住友銀行

実際に資金を投じるプレイヤーであるという点でより資金融通機能の根幹を担っている。また、顧客企業の成長戦略を描いたうえで融資する、つまり顧客企業と同じ船に乗るという点で経済の発展によりダイレクトに資することができる。

引用元:Rakuten みん就様より

ここでもしっかり先行結論型で、「実際に資金を投じるプレイヤーであるという点でより資金融通機能の根幹を担っている」と質問に対する答えが表現できてるのがいいですね。

例文の場合、業界のことを書きがちなのに、「顧客企業と同じ船に乗る」という、非常にユニークな表現方法を使い、銀行の業務内容のことが書かれているので短いながら読み応えがあります。

地方銀行勤務へのこだわりを伝える際に触れるとオススメなこと

  • 金融業界のこと
  • 景気が回復してると言われるにも関わらず、満足度が低いこと
  • 資産運用のこと
  • 金融リテラシーを高めたいということ
  • ものを売るサービスではないので、信頼が大事だといこと