エントリーシート リクおじさん

書く前に知りたい!エントリーシートで損しないための3つの注意点

書く前に知りたい!エントリーシートで損しないための3つの注意点
芋木坊太郎
芋木坊太郎

これから初めてのエントリーシートを書くんだけど、何か注意点てあったりするかな?
エントリーシートを書く前に知っておきたいことを知りたい!

こんな疑問に答えます。

エントリシートは面接する価値があるか判定する

なぜわざわざエントリシートを行うのはわかりますか?

書類選考だけなら履歴書で十分ですよね。

エントリーシートは面接を受ける人を減らす狙いがあります。

なぜなら、多くの希望者が選考に参加するので、企業からしたら絶対に採用したくない人もまじっているはずです。

そんな人と面接をしても時間の無駄なので、面接はしたくないはず。

なので面接したくない人をふるい落とすためにはESがあるのです。

履歴書だけだと情報が少ないので、落とすかどうかの判断がつきにくい、だから、エントリシートで企業が設定した設問に答えてもらうと言うわけです。

エントリーシートの目的=面接したいと思われる

だから、エントリーシートは面接したいと思わせるのがゴール、目的なわけです。

これからエントリーシートを書くのなら、企業に面接したいと思わせることを意識しましょう。

企業でどのように活躍できるのか想像させる

そのためには、企業に入社したら、どのように貢献できるか想像させる内容がいいですね。

〇〇な人間で、〇〇が得意です。だから、〇〇で貢献できます。

こういうものが求められます。

自慢はしてはいけない

やってしまいガチなミスとして、自慢をしてしまう場合があります。

というのも、企業からしたら、どんな場面でどのように行動できるのかが知りたいので、過去の実績にはほぼ興味がありません。

大学を首席で卒業し、卒業研究では内容が認められて学会で発表もしました。

↑のようなのはNGです。これはただの自慢。せめて、↓のようにしましょう。

大学を首席で卒業し、卒業研究では内容が認められて学会で発表もしました。どんなところでもTOPを目指して頑張るのが私の強みです。御社でもTOP営業マンを目指して、利益をあげて御社に貢献できればと考えております。

このように。どのように役に立つのかを伝えるように。これなら自慢ではなく、提案になるので。

エントリーシートは面接で突っ込まれることも

なお、エントリーシートの内容は面接で突っ込まれることも。

と言うか、ほぼほぼ突っ込まれるので、面接を見越した内容を書くようにしましょう。

逆に言えば、面接で話したくない内容はエントリシートに書かないように。

聞かれたら答えればいいのですが、自分から情報を出さなければ相手は知りようがないので、言いたくないこと、話したくない話題は履歴書やESで書かなければOKです。

エントリーシートを書く際に注意すること

質問の意図をくみ取る

よくある質問として、

  • 入社後何をしたいですか?
  • 過去にもっとも苦労した経験は何ですか?
  • 最近気になるニュースはありますか?

こんな質問がありますが、これらに裏の意味があるのはご存知ですか?

企業は馬鹿正直な質問をしてきません。表面上は違う内容ですが、実は、別の意図があることが多いです。

例えば上の3つの質問だと

  • 入社後何をしたいですか?:会社の業務内容を理解しているか。やる気があるか。
  • 過去にもっとも苦労した経験は何ですか?:苦労から何が学びがあったのか。失敗から学んだ経験があるのか、そんな思考ができるのか?
  • 最近気になるニュースはありますか?:うちの会社を志望しているなら〇〇関係のニュースをチェックしているはず。本当に志望しているのか、志望度が高いかチェック

こんな感じに別の意図もあるのです。

だから、エントリーシートを書くときは質問の本当の意図は何か考えることが重要です。

» 就活面接で聞かれる質問集ランキング30!【新卒就活生は刮目せよ】

↑ 面接の質問対策集ですが、質問の回答をまとめているので参考にしてください。

結論を最初に持ってくる

ビジネスの基本として、結論を頭に持ってくることが重要です。

なぜなら、時間が大事なので手短に内容を知ることが重要だから。

なので、頭に結論を持ってくるように。

間違った例

私はテニスや勉強など、関わったことは全てTOPをとりました。だから私はTOPを目指す性格です。

正しい例

私は何事もTOPを目指す人間です。なぜなら、これまでの人生で関わった テニスや勉強なので、全てTOPをとってきたから。

結論が頭に入るのは後者の文章です。

就活の文章は基本、結論を先頭に持ってくるので、この文章構造は覚えておきましょう。

結論→理由

できるだけシンプルでわかりやすい内容を心がける

なぜなら、わかりにくい内容は読む気が失せるから。

あなたは今ネットでググって情報を集めているでしょう。

文章がわかりにくいサイトがあったら、すぐに立ち去りますよね?

それと同じで、読みにくいエントリシートはちゃんと読んでもらえません。

読みにくい文章は、全く意味がないのです。

なので、誰が読んでもわかる内容を書くようしましょう。

イメージとしては、中学生でもわかるレベルの文章がいいですね。

専門用語を使いすぎないように

関連して、専門用語の使いすぎも注意です。

なぜなら、それが相手に伝わらないから。

卒業研究だとしょうがないかもしれませんが、できるだけ専門用語を使わないように説明する努力をしましょう。

面接官は、50代のおじさんかもしれません。

そんな人に専門用語を叩きつけても無駄なので、できるだけ平易な言葉で伝える、説明するように。

締め切りなどルールを守る

エントリーシートで生き残るために気を狙ったことをしようとする人もいます。

が、これは評価がマイナスなので、注意。

と言うのも会社に変な人、変わったは人は必要ないのです。

企業からすれば、そのような人を雇っておく意味がありません。

変なことをして失敗したら、その責任は最終的に企業の責任になります。

だから、変な行動をするリスクがある人を雇うわけがないのです。

なので、ルールを守って良識ある行動をするように。エントリシートなら、

  • 締め切りを守る
  • 決められた枠内に書く
  • 誤字脱字をしない

これを守りましょう。

ググって出るような文章を使うのはNG

と言うのもエントリシートを書くためにググる人がほとんどです。

この記事を見てるあなたも書くためにググっているのでしょう。

ただ、文章を作るのはしんどいので、ネットにある例文をほぼそのまま使おうとする人も中にはいます。

が、これはもちろんNG。そこでバレなくても、後々にバレる可能性がありますので、こんなところでリスクを追う必要はありません。

それのコピペするような文章だと通るのも難しいので、

  • 選考中にバレたら、そこで選考終了
  • そもそもコピペした文章は読めばわかるので、通る確率がかなり低い

全く意味がありませんよね。

文章構成を参考にするように

なので、文章構成を参考にしましょう。

それならOK。と言うか、そうしないとダメです。

文章の上手い人はいろんな文章構成のパターンが頭に入っているから、スラスラ書けるのです。

だから、文章に躓いてる人は必ず、文章構成を参考にして、書くようにしましょう。

まとめ:誰にでもわかりやすい内容で、質問意図に答える

結局のところ、誰にでもわかりやすい内容で、質問意図に答えることが重要です。

  • 結論を頭に
  • 中学生でもわかるような文章で
  • わかりやすい言葉を

意識して、面接をしたいと思うような文章を書くようにしましょう!