エントリーシート リクおじさん

【例文あり】内定を取るクレジットカード会社への志望動機の書き方を徹底解説!

【例文あり】内定を取るクレジットカード会社への志望動機の書き方を徹底解説!

クレジットカード会社への就職を目指すそこのあなた!

認知度は高いものの、クレジットカードの利用率は海外に比べて非常に低く、日本の需要まだまだある業界であることはご存知でしょうか?

せっかく就職するのだから、需要があるこの業界に何としても飛び込みたいものですよね。

しかし、いくら会社に入りたいと思ってもその熱意を伝えられなくてはないものと一緒です。

今日は、就職を希望するクレジットカード会社へ、しっかりその熱意が伝わるように例文を参考に文章の書き方に関して学んでいきましょう!

クレジットカード会社内定者のエントリーシートとは?

では実際にクレジットカード会社内定者のエントリーシートを見ていきましょう。

志望動機 三井住友カード

私は留学中に抱いた「素晴らしいモノやサービスを広め、社会に変革をもたらしたい」という夢を実現するために貴社を志望します。広い視野で多様な価値観に触れる過程で、初めて「決済」について深く考えるようになりました。留学先の大学では、Venmoという個人間送金アプリが日常に密着したサービスとして学生の間で広く利用されていました。このアプリは口座間の送金を可能とし、「割り勘」時の面倒な細かい現金のやりとりを不要にしました。このような利便性の高いサービスの内容を変化・改善させることで、日本にも普及させたいという私の夢は、貴社の仕事を通じて達成できます。若いうちから自分自身に挑戦できる、少数精鋭という貴社の魅力的な環境の中で、世の中を変える新しいサービスを生み出す夢のある仕事に携わりたい。そして、自身のスキルを活かして世界との協働が求められる仕事に携わりたい。こうした夢の実現のために、私は貴社を志望します。

引用元:Rakuten みん就様より

クレジットカード会社に勤めたい理由を先行結論型で述べよう

私は留学中に抱いた「素晴らしいモノやサービスを広め、社会に変革をもたらしたい」という夢を実現するために貴社を志望します。

例文のように、結論を最初に述べることから文章を始めるのが基本です。

エントリーシートは絶対先行結論型で述べるべきという記事でも詳しく説明してますが、志望動機を業界業種問わず最初に述べるようにしましょう。

例の場合、

企業側から尋ねられている志望動機は?

ということに対して、答え(結論)、”夢を実現したい”という形で記載できているのでいいですね。

また、”サービスやものを広め、社会に変革を”という具体的な夢が述べられているので、どのようなサービスを?どのようなモノを?なんて、後の文章にもしっかり関連づく内容が書かれていると言えるでしょう。

大前提として、エントリーシートは一字一句読んでもらえるものではないので、最初に結論を述べて最低限伝えたいことを述べる。

根拠はあくまで補足になるということを頭にいれておいてください。

クレジットカード会社の中でもなぜ貴社なのか?を明確に

若いうちから自分自身に挑戦できる、少数精鋭という貴社の魅力的な環境の中で、世の中を変える新しいサービスを生み出す夢のある仕事に携わりたい。

”あなたが知っているクレジットカード会社はいくつありますか?”

きっと、いくつものカード会社が浮かんできた人が多いと思いますし、あなたが今パッと思いついた以上にカード会社は存在するわけです。

ということは、数あるクレジットカード会社の中から、なぜ貴社ではないとダメなのか?という点が伝えられないことには、入社したいという熱意は理解してもらえません。

例文の場合、その熱意を”少数精鋭という魅力的な環境の中で”という言葉で表現できているので、企業の特徴をしっかり捉えた上で、貴社は自分にとって特別だ!と伝えられていると言えるでしょう。

就職したい会社への熱意を伝える際に触れるとオススメ

  • カード会社の経営理念に関して触れる
  • 他のカード会社に比べて優れてる点を述べる
  • 実際に使った経験に関して述べる
  • 世間における就職を希望するカード会社の役割を述べる
  • カード会社の社員のイメージに関して触れる

【番外編】なぜこの業界を選んだのかを記載する

Venmoという個人間送金アプリが日常に密着したサービスとして学生の間で広く利用されていました。このアプリは口座間の送金を可能とし、「割り勘」時の面倒な細かい現金のやりとりを不要にしました。このような利便性の高いサービスの内容を変化・改善させることで、日本にも普及させたいという私の夢は、貴社の仕事を通じて達成できます。

エントリーシートには文字数の制限があるので、絶対に盛り込む必要があるかと言えば優先度が落ちますが、入りたい企業への熱意とともに、”なぜこの業界なのか?”というこだわりまで述べられると文章に説得力が増します。

例の場合、海外で自分が経験した送金アプリの便利を紹介し、それの普及を目指すには”貴社の仕事を通じて達成できます”という言い回しで、お金に関わる業界にこだわりがあることが理解できると言えるでしょう。

クレジットカード業界へのこだわりを伝えるさいに触れるとオススメ

  • 自分のカード利用経験
  • 業界に関して思うこと(改善策)
  • 日本のクレジットカード利用率
  • クレジットカード普及率
  • クレジットカード市場の需要
  • 海外と日本の認識の違い