エントリーシート リクおじさん

【例文あり】内定を取る化粧品業界の志望動機の書き方を徹底解説!

【例文あり】内定を取る化粧品業界の志望動機の書き方を徹底解説!

この記事の要点!

  • 自分が化粧品会社へ入りたいと思う1番の理由とともに文章を書き始める
  • 企業への理念への共感等を、企業へ入りたいという熱意とともに述べる
  • 化粧が好きだ!という気持ちを自分の言葉で書くことが大切

化粧品業界へ就職を目指すそこのあなた!

美容への意識が高い環境に身を置くことで、知識、そして自分自身の美への向上を目指している人も多いことでしょう。

それゆえ、ライバルだって美の意識を高く持った人ということを忘れてはいけません。

基本的には女性がメインとなるこの業界で、自分自身特有の美に対する意識を兼ね備えている人も少なくありません。

今化粧品会社に勤めようと思ったら、そのような人たちに、まずはエントリーシートという文章で差をつけなくてはいけないわけです。

石木貴子
石木貴子

化粧だったら、負けないのにな〜

なんて、業界を目指す多くの女性の就活生から聞こえてきそうですが、決まりは決まりです。

なんとかこの最初の難関であるエントリーシート、そして企業への熱意を伝えるべく志望動機を書き上げ、内定への一歩を踏み出しましょう。

化粧品業界内定者のエントリーシートとは?

では早速、実際に化粧品業界への内定が決まった方のエントリーシートより、志望動機を見ていきましょう。

株式会社カネボウ化粧品販売

「FEEL YOUR BEAUTY」に深く共感

人と深く繋がり、喜んでもらうことに非常に喜び・やりがいを感じます。ですので、お客様と直接関わって、喜んでいただき、実感できる仕事がしたいと思い志望させていただきました。
また、私はお化粧をすることが大好きです。美しくなれることは、外見だけでなく、内面における、明るさ、前向きさ、自信まで生み出せると考えています。
美容を通してより多くの方と接し、外見の美とともに、内面の明るい気持ちも、生み出し、お客様に感動・満足感を提供したいです。

化粧品企業に勤めたい理由を先行結論型で述べよう

「FEEL YOUR BEAUTY」に深く共感

化粧品業界に勤めたいと思ったら、まずは自分のなかの1番の志望理由を言い切る形ではっきり述べましょう。

エントリーシートや、今後訪れるビジネス文章を仕上げる際は必ず先行結論型という構成で文章を仕上げていかなくてはなりません。

例文では、その最初(先行)部分を「FEEL YOUR BEAUTY」という言葉で初め、結論として言い切っています。

この企業に興味がない人からすれば、どこか首を傾げてしまうと思いますが、経営理念やスローガンですね(もちろん採用担当は志望する企業の方なので、受ける人以外がわからなくても問題ない)。

自分がもっとも入りたいと思った理由を、企業のスローガンに共有したから、ということを、スローガンの言葉をそのまま使いユニークに仕上げてるので先行結論型の文章構成としても合格ですし、そもそも読み手を引き寄せるキャッチコピーとしても非常に好感が持てます。

化粧品業界の中でもなぜ貴社なのか?を明確に

「FEEL YOUR BEAUTY」に深く共感

今回の化粧品業界や、あとはアパレル業界への志望動機にありがちなのですが、 “業界が好きだ!” ということは書かれているのですが、でも「なぜウチじゃなきゃダメなの?」なんて思われてしまうほど、自分まがいの文章になってしまいがちです。

もちろん、好きを仕事にすることは大切なことですし、次の章で詳しく書きますが業界へのこだわりを記載することも悪いことではありません。

ただ、志望動機では自分が就職を志望している企業へ「入りたい!」という熱意を伝えるチャンスなので、会社の商品の質だったり、業界における立ち位置、会社の理念等、その会社だからこそ、その会社特有なものに関して触れ、自分にとって唯一無二の存在だということを伝えなくてはいけません。

上記の先行結論型で勤めたい理由を述べようというところと被ってしまいますが、この文章においては冒頭の “「FEEL YOUR BEAUTY」” に深く共感というところがまさにそん部分に当たります。

これと同じスローガンを使っている同業者はまずないでしょうから、ここへの共感を示すことは十分、この会社だからこそという熱意に値するでしょう。

就職したい化粧品業界への熱意を伝えるさいに触れるとオススメ

  • 就職を志望する化粧品会社の経営方針、スローガン
  • 志望する化粧品会社のスタッフの印象
  • 就職を希望する化粧品会社の業界における立ち位置(商品のシェア率等)
  • その企業にしかない、マーケティング方法への関心(海外の芸能人を積極的にしようするPR等)

【番外編】化粧品業界への就職を選んだ理由の書き方

また、私はお化粧をすることが大好きです。美しくなれることは、外見だけでなく、内面における、明るさ、前向きさ、自信まで生み出せると考えています。

エントリーシートにおいて絶対的に必要とは言えませんが、就職したい会社への熱意の他に、化粧品業界へのこだわる理由なんかまでを書けると、より説得力がある文章になります。

女性であれば、化粧に関わる機会が非常に多いですから、日常の経験から、この業界へのこだわりを引っ張ってくることも可能でしょうが、例文のようにとにかく化粧が好きであること、それが多いに伝わる文章がかければ十分でしょう。

エントリーシートだから、就職に関わる大事な書類だからと、硬くなって聞こえのいい表現を使おうと努力するのはもちろんいいことですが、自分の言葉でない限り相手には伝わりません。

自分の好きという気持ちを、形式ばった硬い文章で伝えられないくらいでしたら、この業界が好きだ!という気持ちを全面にだして、例文のような文章に仕上げることが1番でしょう。

業界へのこだわりを伝えるさいにオススメ

  • 化粧品業界全体の今後の需要に関して
  • 化粧品が持つ力
  • 自分が化粧をしたきっかけ
  • 化粧が自分にもたらしてくれる幸福感
  • 化粧品業界が抱える問題点(改善方法)