エントリーシート リクおじさん

【例文あり】内定を取る自動車業界の志望動機の書き方を徹底解説!

【例文あり】内定を取る自動車業界の志望動機の書き方を徹底解説!

この記事の要点!

  • 自動車会社に勤めたい!という1番の理由を文章の書き始めに書く(先行結論型)
  • 「どうしても貴社に勤めたい!」という熱意を文章に組み込めるようにしよう
  • 環境問題などに触れ、自分が自動車業界への就職にこだわる理由まで書けると説得力がます

自動車業界への就職を目指すあなた!

車が好きだ!就職を希望する会社の車が特に好きだ!将来乗りたい車を作ってる!など、会社を志望する理由は様々だと思いますが、共通するのが車が好きという気持ちではないでしょうか?

となると、企業へ熱き思いを抱きながら就職を志望する人も多く、それらのライバルに差をつけないことにはエントリーシートを通過して次にはいけません。

なんとか、次のステージへいけるよう、エントリーシートの中にある志望動機の書き方について伝授していきましょう。

志望動機は企業への熱意を伝えるのに大変重要なところなので必見です。

自動車業界内定者のエントリーシートとは?

では早速、自動車業界に内定した人のエントリーシートから志望動機を見ていきましょう。

志望動機 日産自動車

私は貴社を志望する理由は2点があります。
一つ目は、貴社が自動車業界の中で最も熱心に電気自動車の開発に取り組んでいるからです。中国で暮らしていた19年の間、自動車の急増と環境の悪化を実感しました。このような背景のもとで、貴社の環境理念である「人とクルマと自然の共生」に強く共感しました。都市の大気汚染は自動車排ガスに密接に関係していることから、電気自動車の開発が非常に重要だと考えています。現在の研究室では、自身が取り組むパワーデバイスの他に、赤外線センサーや振動発電素子など車載デバイスとして重要な研究も行っています。このような研究にも目を向け、幅広い知識を得ることで様々な形で貴社の事業に貢献できると確信しています。

二つ目は、グローバルに活躍できるエンジニアになりたいという夢があるためです。グローバルとは単に外国との交流でなく異なる文化や思想そして学問などのダイバーシティに対応できる能力だと思っています。貴社では様々な海外企業との提携や国外への開発・生産拠点の幅広い展開をしておられる他に、外国人社員が輝ける職場環境の構築にも力をいれておられることに大きな魅力を感じました。私は日本留学中に身に付けた適応力と異文化コミュニケーション能力を活かし、積極的に海外赴任し、現地と貴社の橋渡し的な役割を担い、生産技術の向上や生産コストの削減だけでなく現地に適した車両開発に尽力したいと強く願っています。

引用元:Rakuten みん就様より

企業に勤めたい理由を先行結論型で述べよう

①私は貴社を志望する理由は2点があります。一つ目は、貴社が自動車業界の中で最も熱心に電気自動車の開発に取り組んでいるからです。

②二つ目は、グローバルに活躍できるエンジニアになりたいという夢があるためです。

志望動機に限らす、エントリーシート、そして就職後に訪れるであろうビジネス文書を書く際は必ず先行結論型を意識しましょう。

関連記事【例文あり】エントリーシートは絶対先行結論型で仕上げるべし!

例文では、しっかりと自分の志望動機(ここでいう結論)が文章の中に埋もれることのないよう、2つに別れていますね。

注目して欲しいのは2つの文章とも、最初に言い切る形で結論を持ってきていることです。

この部分だけを見てしまうと、志望動機が浅いように見えてしまいますが、先行結論型とはこのことであります。

  1. 文章の1番大切な部分を先に言い切る
  2. そして根拠に関しては後

これができると、読み手は安心感とともに、その後の文章に興味をひくようになると言われております。

自動車業界の中でもなぜ貴社なのか?を明確に

貴社では様々な海外企業との提携や国外への開発・生産拠点の幅広い展開をしておられる他に、外国人社員が輝ける職場環境の構築にも力をいれておられることに大きな魅力を感じました。

自動車業界に就職したいと言えど、なぜ貴社でなくてはダメなのか?という点まで書かれていないと、車業界に勤めたいという志望動機になってしまい、貴社に勤めたいという熱意は伝わりません。

そのため、志望する会社特有の事業や製造方法、マーケティング手法等を文章内にいれる必要があります。

例文では、会社の海外展開、そして外国人社員に対する職場環境の配慮等を、他にはない魅力として伝えられているので印象がいいです。

加え、海外展開に関してはまだしも、外国人社員の労働環境に関しては少なからずリサーチが必要であったり、会社説明会などで質問なりをしないと見えてこない部分であります。

これらにしっかり触れられていることで、熱意はもちろん、会社への関心度の高さなどを伝えることができるでしょう。

志望する会社へ熱意を伝えるさいに触れるとオススメ

  • 就職したい自動車企業の経営理念やスローガンについて
  • 他の自動車企業に比べて優れている点
  • 自動車業界でNo.1を誇る〇〇に関して(安全度、販売台数等)て
  • 自分が勤めたあとに、貴社の経験を生かしてさらに伸ばしていきたい点
  • 自動車企業の社員と関わった印象

【番外編】業界への就職を選んだ理由の書き方

中国で暮らしていた19年の間、自動車の急増と環境の悪化を実感しました。このような背景のもとで、貴社の環境理念である「人とクルマと自然の共生」に強く共感しました。都市の大気汚染は自動車排ガスに密接に関係していることから、電気自動車の開発が非常に重要だと考えています。

番外編として、必ずしも必要ではありませんが、より説得力がある文章になる方法について。

志望動機の中になぜこの自動車業界を希望しているのか、という業界へのこだわりまで書けるとより一層説得力が増す文章になります。

例文では、自分の海外での実体験を元に、車の「人とクルマと自然」に関して書かれていて非常に共感が持てますね。

ここでは中国の排ガスに関して書かれていますが、日本だって例外ではありません。

海外での経験ということで、日本で育った自分はこんなことかけないと思いますが、車の免許を持ってなくても自動車と関わる機会がない人はまずいないでしょう。

そこで感じたこと、その自動車と環境と生活との関わりなことなど、自分の日常の中に、きっとあなたが自動車業界へこだわる理由のヒントがあるはずです。

自動車業界へのこだわりを伝えるさいにオススメ

  • 自動車と環境のこと
  • 世界の自動車メーカーと日本の自動車のこと
  • 自動車業界の需要
  • 自動車業界の問題点(解決策)