企業分析 リクおじさん

就活で受けることになる8つの業界と向いている業界を絞る方法を解説

就活で受けることになる8つの業界と向いている業界を絞る方法を解説

就活は企業から内定をもらうことがゴールです。

しかし、あなたは企業のことをわかっていますか?

“敵知らずして勝利なし”と言いますよね。就活でも同じように企業のことを知らないと内定はもらえません。

企業のことを勉強するのを企業研究と読んだりします。

しかし、就活初心者に必要なの業界研究です。

なぜなら、業界がわからないと企業の細かい情報を理解できないため。

業界とは、メーカーやマスコミなどのことです。

  • マスコミ業界:朝日新聞、読売テレビ
  • メーカー業界:ナイキ、apple、サントリー

↑こんな感じ。

業界はこんな感じの分類のことです。

今日は、就活で受けることになる8つの業界を解説し、あなたにあった業界の絞り方を解説します。

大まかに8つ業界がある

早速の業界一覧です。

  • メーカー
  • 流通・小売
  • 商社
  • 金融
  • サービス業
  • 広告・出版・マスコミ
  • IT
  • 官公庁・公社・団体

これが全てとは言いませんが、就活で受ける業界はざっくりとこんなところでしょう。

みなさんが使うであろう、マイナビ・リクナビを見て調べてきました。

各業界の特徴

そしてこれらの業界にはそれぞれ特徴があります。

  • メーカー:物作りをしている。B to C だったり B to Bだったり、販売相手は作っている製品によります。
  • 流通・小売:消費者にモノを売る・届ける。B to C のイメージが強いがB to Bの場合も。
  • 商社:輸出入貿易をしたり、モノを売ったり、サービスを提供したり。基本何でもする。
  • 金融:資産を運用したり、お金を貸したり。基本的にお金を動かして商売をします。
  • サービス業:修理や娯楽と言った形のないサービスを売る
  • 広告・出版・マスコミ:情報を人に売る
  • IT:Webサービスや通信インフラ、ソフトウェアを売る
  • 官公庁・公社・団体:役所で仕事をする公務員

もちろんこれだけ綺麗に住み分けができているわけはなく、メーカーだけど販売までしている会社や、ITでサービスを提供してITサービス業のようなことをしている会社もあります。

つまり、会社によって微妙にやっている内容が違います。

ですが、この8つの業界から社会が成り立っていることは理解してください。

そして、あなたはこれから8つの業界のどれかで仕事をすることになります。

それぞれの業界にはどんな企業があるの?

  • メーカー:Apple、ナイキ、ユニクロ
  • 流通・小売:セブン&アイ(セブンイレブン)、イオン
  • 商社:三菱商事、三井物産、住友商事
  • 金融:三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行
  • サービス業:日本郵政、ベネッセホールディングス、オリエンタルランド(ディズニーランドの運営元)
  • 広告・出版・マスコミ:電通、読売テレビ、産経新聞、講談社
  • IT:楽天、amazon、NTT、ソフトバンク、日本ソフト開発
  • 官公庁・公社・団体:国家公務員、学校の先生

できるだけ有名どころをあげましたが、それぞれこんな企業があります。

各業界をより細かくみると

説明や企業例をみて大体のイメージはつきましたか?

各業界はどんな企業があるのか、細かい分類をあげておきますね。

メーカー↓

食品・農林・水産
建設・住宅・インテリア
繊維・化学・薬品・化粧品
鉄鋼・金属・鉱業
機械・プラント
電子・電気機器
自動車・輸送用機器
精密・医療機器
印刷・事務機器関連
スポーツ・玩具
その他メーカー

 

サービス・インフラ↓

不動産
鉄道・航空・運輸・物流
電力・ガス・エネルギー
フードサービス
ホテル・旅行
医療・福祉
アミューズメント・レジャー
その他サービス
コンサルティング・調査
人材サービス
教育

 

商社↓

総合商社
専門商社

 

IT↓

ソフトウエア
インターネット
通信

 

小売↓

百貨店・スーパー
コンビニ
専門店

 

広告・出版・マスコミ↓

放送
新聞
出版
広告

 

金融↓

銀行・証券
クレジット
信販・リース
その他金融
生保・損保

 

官公庁・公社・団体↓

公社・団体
官公庁

引用:知っておきたい、業界分類一覧と解説

もしこの中に興味がある内容があれば、その業界を調べていいでしょう。

が、内定を最短で取るなら、その考えは改めてもいいかもしれません。

どの業界を受けるのか自己分析・業界研究から通して考える

全ての業界を受ける時間は残念ながら就活にはありません。

なので、受ける業界をある程度絞る必要があります。

その絞り方ことが就活力。

が、誰でもできる方法であなたにあった業界を絞る方法があるので、それをお伝えします。

あなたにあった業界を選ぶ2つの方法

まず、業界を選ぶ方法は2つあります。

  1. 広く浅く業界研究をして、その情報から選ぶ
  2. 自己分析で自分に向いている業界を選ぶ(向いている業界)

このどっちかです。

時間があるのなら広く浅く業界研究をしてから、受けたいと思う企業を選んでいいでしょう。

しかし、時間がない人の場合は、自分に向いている業界で選ぶことをオススメします。

最短で内定を狙いに行くなら、初めの内から企業を絞る

業界ごとに特徴があります。

ビジネスの内容もそうですが、就活は自分にあった業界を受けるべし。

なぜなら、その方が受かる確率が高いから。

もちろん理由があります。

業界によって働いている人の傾向が違います。営業の会社とエンジニアの会社、まあ違いますよね。

向いている業界なら、作業内容もそうだし、働いている人も同じような人が多いでしょう。

経営者が採用するなら、今いる従業員に近い人を選ぶのは明らかです。

だから、自分に向いている業界から企業を選ぶのが、受かる確率高いので、オススメなのです。

もちろん、受けた会社・入りたい会社があれば別です。

 自分が向いている業界を選ぶ2つのメリット

  1. 向いている業界なので、自己PRをしやすい → 合格率に繋がる
  2. 業界を簡単に絞れるので業界研究を集中してできる

どれだけ勉強をしても、選考を受けて通らないと意味がありません。少しでも受かる可能性が高い方を選択した方がいいでしょう。

もちろん受けたい企業があるのなら別ですよ。

業界を絞って集中してできるので、短時間でそれなりのレベルまで成長が間に合います。

就活は時間との戦いなので、少しでも効率的に行うことも重要です。

序盤を超えてからは話は別

と言っても、これは最初だけの話です。

ある程度選考を受けてからは、別業界を受けてもOK。

何が言いたいかと言うと、最初の弱いうちは一点突破で力をつけるのがいいからです。

専門特化で一点集中すれば、小資本でも競争優位に立てる

特に小資本であれば、一点集中・一点突破が不可欠になります。大資本は、全方位で事業拡大を図ります。経営資源をいくつかの事業に配分しながら、収益拡大を目指します。

引用:第3回 一点集中・一点突破で競争優位をつくれ!

この引用は会社経営の戦略の話なのですが、この内容はそのまま就活に使えます。

弱者は一点突破してレベルをあげて強くなりましょう。

その後で、レベルが上がった後で、別業界の研究、別業界を受けても遅くはありません。

最初は就活力が圧倒的に低いので、1点突破で就活力を上げてから、別業界を受けた方が効率がいいと思います。

自己分析で業界を絞るなら診断テストが手っ取り早い

肝心の自己分析で業界を絞る方法ですが、診断テストの結果をみるのが一番早いと思います。

診断テストで、業界を選んでいいのか?
そんな適当でいいのか?

とお怒りの声を受けそうですが、問題ないと思います。

学生が会社を正しく捉えるのは無理

そもそも、正しく業界を選ぶのは就活生には無理だと思っています。

なぜならその業界で仕事をしたことないから。

なんでもそうですが、外からちょっと見ただけじゃ実際の中身はわかりません。

あなたは大学に入る前から大学のことがわかってましたか?

違いますよね。入ってから体感してわかったのです。

これと同じで、会社に入って見ないとわからないと思うのです。

特に、面接もしたことない学生が企業研究だけで会社のことをわかるわけがありません。

みんな会社のことがわかって入社したのなら、うつ病になる人が10%もいないでしょう。

働く人々のうつ病率、日本は10%、韓国は7% ‐ 16カ国中1位は?

引用:働く人々のうつ病率、日本は10%、韓国は7% ‐ 16カ国中1位は?