就職活動の面接対策まとめ!用意の仕方、受け答えのコツなど徹底解説

芋木坊太郎
芋木坊太郎

ES通って、面接がこれから増えてくるんだけど、面接対策ってどうすればいいのかな?

石木貴子
石木貴子

面接は場数っていうけど、落ちたくないから最初から対策しておきたいわ。

リクおじさん
リクおじさん

そうだね、面接対策できるならしておきたいね!
対策にはポイントがあるのでそれを元に解説していくね!

面接対策は準備の一点!

面接は会話力・コミュ力が重視されると思われてますが、そんなことはありません。

面接はこれまでの就活の努力の結晶でしかないのです。

  • 自己紹介、自己PRは自己分析。
  • 志望動機はES・業界研究・企業研究

のように、これまでの自己分析やES・業界研究等をしっかり行なっていれば、問題なく答えられることばかりです。

緊張や面接にふさわしい答え方は場数を踏む必要はありますが、面接で大事なことはこれまでの全てです。

で、これは準備に他なりません。

面接特有の対策する以前に、これらがしっかりできていないとどうしようもありません。

あなただけの武器を用意して来てください。戦術はいくらでも調べれるので。

なお、面接が怖いからと言ってサボっても、いいことは全くありません。

やられた相手は覚えているので、別の会社で仕事をして、その関係者に出くわすとなんとも気まずい空気に・・・。

どうしても体調が悪い時は面接をキャンセルしましょう。

関連記事面接の前に風邪をひいてしまった・・・。キャンセル・日程変更の仕方

まずはマネから!面接で受かる人の特徴

面接対策として落ちる人は受かる人の特徴を理解しましょう。

できる人のマネをするのが早く成長するコツです。

あのエジソンですが、マネが成長のコツと言っています。

詳しくは新卒就活の面接を簡単に受かる人に共通している5つの特徴!にて書いておりますが、特徴としてこの4つです。

  • 熱意・やる気に溢れて第一印象が良い
  • 会話のキャッチボールができて簡潔にまとめることができる
  • 自分に自信がある人
  • 常識人な人、非常識な人は厳しい・・・

特に難しいことではありませんが、意外とできていない人は多いので、面接前に自分はできているか確認してみてください。

要チェック!面接でやってはいけないこと

また、一緒にやってはいけないことも見ておきましょう。悪い例を知ることも面接対策です。

  • 身だしなみが不適切
  • 目を見て会話ができない
  • 嘘をつく
  • 敬意を払っていない
  • おどおどして落ち着きがない
  • 声が小さい

などがあります。人間としてあたり前のことが多いですが、このようにならないように。

関連記事【すべてが決まる】就活面接で絶対にしてはいけない5つのタブー

また、身だしなみは意外とできていない人が多いので、身だしなみについての記事を。

関連記事【徹底解説】就活は身だしなみから!ポイントを抑えよう

もっと実践的な面接対策をしたいなら質問を想定しよう!

これまでは基本的なことでしたが、もう少し実践的な対策をしたい方は、質問を想定しよう。

そして、それに対しての答えを準備しましょう。

代表的なものだと

  • 自己PR
  • 志望動機
  • 長所・短所
  • 大学で一番やったこと
  • 卒業研究の内容

と言ったところでしょうか?

他の質問例については以下の記事にて。

今あげた5つの質問は履歴書はESでも書いているので答えには困らないでしょうが、面接用に言葉を最適化しなければなりません。

くれぐれも履歴書そのままの言葉を使わないように。

質問を答えるコツ

コツとしては始めに結論から話すことです。

返答のコツ

結論から話す

そうすると論理構成がわかりやすくなり伝わりやすいです。さらに簡潔になるので自然とまとまります。

面接ごとに対策内容が違う

面接によって対策内容が実は違います。

厳密に言えば、一次面接と二次面接、最終面接とそれぞれ違います。

もちろん基本的な内容は同じですが、それぞれ微妙に面接の目的が異なるので対策内容が違うのです。

詳しい対策法についてはそれぞれの記事を読めばわかります。

また、集団面接はまた別の対策が必要なので↓の記事で詳しく解説します。

関連記事就活の一次面接が集団面接の場合の違いと対策

圧迫面接はどう対策すればいい?

面接を重ねているとたまに遭遇するのが圧迫面接。

数は多くないですが、対策をしていないと確実に落ちるのでこちらも別途対策が必要です。

圧迫面接で大事なポイントは3つ

  • ストレス耐性を見られているのでうろたえないように
  • 圧迫面接はガチではなく演技です。落ち着いて対応しましょう
  • 対応の仕方も見られているので怯まずに平常心でいましょう

関連記事なぜ就活で圧迫面接が行われるのか?理由を知って対策をしよう

面接対策:「最後に何か質問はありますか?」

面接をすると定番なのが、「最後に何か質問はありますか?」

面接の最後にこちらから逆質問する機会が与えられます。このとき必ず質問するようにしましょう。

熱意をアピールする絶好のチャンスです。

面接官を唸らせてこれまでの準備したものをぶつけましょう。

リクおじさん

「 面接対策 」の最新情報一覧!