「ES って何?」という人にエントリシートの書き方を徹底対策!

リクおじさん
リクおじさん

お、今年もエントリーシートで早速つまづいてしまってる就活生が僕のところにきてくれたみたいだね。

最初が肝心だからね。段取りを追いながらを説明しようとするか!

1.エントリーシートとはなにかを理解しよう!

就活生に訪れる最初の壁がこのエントリーシートです。

どの業界に就職すべきか悩みに悩んで、いざ「1歩踏み出そう!」なんてタイミングで現れる大きな壁。

ここでつまづく人も多く、出鼻をくじかれたあまり「就活」そのものが楽しくないものとして進行してしまい、それが結果として出てしまうなんてことも十分考えれます。

大手企業になると、エントリーシート通過率は1割にも満たない狭き門になりますが、しっかり採用者側の意図を理解して挑むことが何よりも重要になってくるでしょう。

2.文章力をみにつけよう

どんなに「この企業に勤めたい!」「大本命だ!」「第一志望だ!」なんて熱き思いがあったとしても、それを文字として伝えられなければ、その思いは残念ながらないもので終わってしまいます。

小説家や脚本家のようなスキルを競ってるわけではありませんが、最低限文章には相手に伝わりやすい書き方・決まりなんてものが存在するものです。

自分の思いをしっかり相手に伝えるためにも、最低限このスキルを理解した上でエントリーシートに臨みましょう。

3.エントリーシートの質問対策

エントリーシートでは少し厳しい質問をされたり、ユニーク過ぎて「なんて答えるのが正解なんだ?」なんて頭を悩ませられることもあるでしょう。

採用者側がなんでこんな質問をするんだ?

なんて意図を読み取ることも大切ですが、普段から質問されたことに対して、まず答えるという思考能力を身につけることも大切になります。

4.【学ぶ=真似る】例文からオリジナリティーを作ろう

「学ぶ」という文字の語源が、「真似る」ということからきてるなんて話しがあるように、ライバルと差をつけるために自分にしか書けない文章をゼロから考えようと思っても限界があります。

割り切って例文を参考にし、そこに自分の色を少し足すだけでも十分オリジナリティーはでますし効率的でしょう。とにかく多くの例を見て参考にして、エントリーシートを仕上げていきましょう。

リクおじさん

「 エントリーシート 」の最新情報一覧!