就活コラム リクおじさん

【質問しないのはNG?】会社説明会で周りと差をつけるポイント5選

【質問しないのはNG?】会社説明会で周りと差をつけるポイント5選

この記事の要点!

  • 適当な質問はマイナス。やるならしっかりとした質問を行うこと!
  • 5W1Hを交えて具体的な質問を心がける

就活をしていると会社説明会には多く参加することになります。

説明会では毎回質問を行う時間を設けていますが、ここで質問をしたことはありますか?

志望度が高い企業なら説明会で質問をするに越したことはありません。

というか、必ず質問しましょう!

会社の情報をゲットできるだけでなく、採用担当側に覚えてもらいライバルを差をつける絶好のチャンスでしょう。

ライバルと差を質問をするためのポイントを5つお話しいたします。

ありきたりな質問をするのはアピールにならない

ありきたりな質問をするのはアピールにならない

まず初めに、質問はとりあえずすればいい訳ではありません。誰でもできるようなありきたりな内容だと全くアピールになりません。少なくとも採用担当者に覚えてもらうことはないでしょう。

自分の質問によって意欲が採用担当者に伝わることで、採用担当にアピールできます。なので、質問=プラス評価に繋がる訳ではありません。

自分の意欲が伝わる質問=プラス評価

になるのです。これを念頭に入れて後の記事を読んでください。

適当に質問するのなら質問しないほうがいい

これだけは言えるのですが、適当な質問ほどダメなものはありません。

質問する価値がある内容、もしくは返答する価値がある内容を必ず質問するように注意しましょう。

やるならちゃんとしっかりやりましょう。

質問で周りに差をつけるためのポイント5選

調べてもわからないことをきく

基本的には、ネットや会社の資料を見てもわからないことを聞きましょう。

会社に直接聞かないとわからないことを質問すれば、この会社に興味があると感じてもらえる可能性があります。

ただし、質問の場は、説明会等で不明な点・気になった点を答えるためにあるものです。

なので、場をわきまえた質問で。KYにならないよう注意。

また、調べればわかることを聞いて答えるのはお互いに時間の無駄。

社会人にとって時間は貴重です。

この人を雇ったらこんな風に時間を無駄に使うかも?

と思うかもしれせん。

勇気を出して質問をしたのに、マイナス評価にならないように。

5W1Hを交えて具体的な質問を

質問をするなら具体的に返答できるものがいいでしょう。

単純な、はい/いいえ、で答えれるしかない質問だと身のある回答が帰って来ませんし、単純な質問だと採用担当の頭には残らないでしょう。

具体的な返答を求めるには、具体的に質問することがベストです。

そのためには、5W1Hを意識するといいでしょう。

5W1Hは情報を伝える際に意識すると具体的になるポイントのことです。

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

上記の項目を組み合わせれば具体的な質問にすることができます。

例)

どのような理由でこの会社に入社したのですか?

質問をする前に、5W1Hに当てはまっているか確認しましょう。

入社後の働きをイメージできる質問を

企業が採用する際は、その人がどのように働いてくれるかイメージします。

なので、入社後の姿をイメージしてもらうとポイントになります。

意欲があると感じてもらうのが良い。一緒に働くのなら意欲がある人の方がいいのが人情です。

ただし質問するだけでは、そんなイメージにはならないでしょう。

が、ここで聞いたことは後々のES・面接で役に立ってきます。つまり長期的に効いてきます。

自分の志望動機に生かすことができるので、最終的に入社後の姿をイメージすることに繋がるのです。

つまりここで質問したことが、選考の役に立つので、今のうちに質問するのがプラスになります。

会社がアピールをしている長所についてのエピソードを具体的にきく

こちらも、入社後のイメージを自分が掴むための情報です。

おそらく、どの会社も説明会では自社の長所をアピールするでしょう。

労働環境が良い、風通しの良いなどなど。その会社が自身を持っていることなので、質問すれば骨がある回答が帰って来るでしょう。

入社後のイメージをしつつ、会社に興味がある?と思わせれるので、定番と思われるかもしれませんが質問してみるといいでしょう。

もちろん、質問する際は上記の5W1Hを忘れずに!

独りよがりな質問はしない

具体的には以下のようなものです。

  • 自分しか興味がない質問
  • 会社が答えにくい質問

というのも、説明会はみんながいる場所です。そして返事をしてくれる人もいます。

返事をする人のことを考えると、会社が答えにくい質問はしない方がいいです。

そもそも答えにくい質問は、はぐらかされて返って来る可能性が高いので時間も無駄と言えるでしょう。

また、もうみなさんは子供ではありません。大人なら、多くの人がいる前であえて空気を悪くする必要もないでしょう。大人の振る舞いを行うように。

説明会から選考は始まっている

説明会だからと言って、油断してはいけません。採用担当は確実にあなたのことを見ています。

少しでも気になる学生がいれば、その情報を共有するのは確実。

どんな人が入って来るのか楽しみにしているので、いい学生には態度には出さずとも必ず目をつけます。

説明会でプラスになる振る舞いをしていれば、後々の選考に良い影響が必ずありますので、ただか選考会と言って適当な質問をしないように注意しましょう。

適当に質問するなら質問しない方がましなので。