自己分析 リクおじさん

【NG集】自己分析に苦戦してもやっちゃいけない3つの行動と解決策!

【NG集】自己分析に苦戦してもやっちゃいけない3つの行動と解決策!

就活を始めると必ずと言っていいほど、自己分析に苦戦する学生が出てきます。

実際、自己分析は難しいので苦戦するものと言えば苦戦するものでしょう。

しかし、苦戦して、自己分析でするべきではない行動をしてしまう人もいます。

間違った行動をし続けても、残念ながら何も進歩がありません。

貴重な就活の時間を失うなうのは、非常に勿体無いため、ここでは自己分析でやっちゃいけないNGな行動とその対処法を解説します。

自己分析でやっちゃいけない行動3選

で、早速やっちゃいけない行動を紹介します。この3つ。

  • 自分探しにハマる
  • 時間をおいてからやろうと、後回しにする
  • 自分一人だけで片付けようとする

何故ダメかと言うと、、、

  • 自分探しにハマる → 自己分析は内定を取る手法なため、自己探しは必要ない。少なくとも就活には必要ないでしょう。
  • 時間をおいてからやろうと、後回しにする → 後回しのエンドレスループにハマる可能性が高いため
  • 自分一人だけで片付けようとする → 主観的な自己分析になってしまい、客観性にかけてしまう。これでは面接で説得力がない。

と言うように、その方法をやり続けても就活には生きない可能性が高いからです。

とりあえず、この3つに当てはまった人はすぐに自己分析の方法を変えてください。

下の解決方法をみて、後回しにしている人は、今すぐ取り掛かるように。

就活では失敗できるほど時間の余裕はありませんよ?

失敗が成功の元だから問題ない?

人間が成長するには失敗が必要です。

当たり前な事ですね。

しかし、失敗をしていい場面といけない場面が人生にあります。

就活は失敗してはいけない場面でしょう。

少なくとも、失敗してタイムロスをすると、受ける企業が減って不利になりますので、失敗しない方がいいのは間違い無いでしょう。

失敗して成長すると言っても、すぐに成長できるかは別なので、甘い考えは持たない方がいいかなと。

自己分析でドツボにハマった時の解決方法

さて、解決方法です。

自分探しにハマる

ハマってる人に言いたいのが、

自分探し=就活の自己分析ではない。

ただの自己分析なら、自分探しすれば、いいのですが、就活の場合は違います。

内定を取るための、自己アピールの材料探しが就活の自己分析です。

就活の自己分析=内定を取るため

目的忘れないように。

自分探しをしたいのなら、就職留年をしたり、就活を終えてからやるのがいいかと。

後回しにする

後回しの理由を考えました。

  • 自己分析が難しくて進まない
  • めんどくさい

大方この2つではないでしょうか?めんどくさい人は、「すぐにやりましょう!」としか言えません(笑)。最初の会社は大事ですよ!

で、難しくて進めれない人の場合ですが、やる気ある人だと思うので、自己分析のコツを掴めば今すぐ行動できるはず。

なので、自己分析を前進させるコツについて。

  • 自分史を書いて自己分析をがっちり進める
  • 性格診断テストで自己分析のきっかけを掴む

自己分析の進め方がわからない人は、自分史を書いて自己分析を進める方法を紹介します

やり方の問題なら、この方法でいけるはずです。

自己分析がどうしてもできない

ですが、正しいやり方なのに進まない人もいます。

正しいやり方でも自己分析が進まないのなら、他人に自己分析をしてもらいましょう。笑

自己分析が進まない人は、自分の事をあまりわかってない人だと思うので人に聞いて、自分についての知見を深めるのがいいかなと。少しは進むはず。

ただ、他人に今すぐやってもらうなんてことは難しい気がするので、応急処置的に性格診断テストをやるといいかなと。

客観的な視点からプロによる性格診断をしてもらえるので、下手に自分でやるよりも性格はよっぽど正しく分析できるでしょう。

自己分析ができているいる人にも、裏づけとして使って欲しいと思ってます。

1つだけ紹介しますね。

» リクナビNEXTのグッドポイント診断 あなたの強み、見つけてみませんか?

無料会員登録をすれば、スマホで診断テストができるので、一度これをやってみて、自分について知って見るのがいいです。

  • 無料
  • スマホで
  • 最短15分で

グッドポイント診断ができます。

リクナビNEXTで無料会員登録をしてぜひ受けて見てください。

いや、受けましょう。

※診断テストはなんでもいいと思いますが、手早くできるやつの1つとして紹介しています。

自分一人だけで片付けようとする

「自分が最強の客観性を持っている!」と自身がある方なら、これで自分一人でやってもOKな気がします。

しかし、そんな学生はなかなかいないでしょう。

いたとしても、優秀な人は企業したり、インターン先で内定をもらっていたりと、就活をやらなければいけない状況にいる人は少ない気がします。

これも、答えとしては人に聞くのが早い。

ですが、スタンスとしては、自分の自己分析の結果と他人からみた自分の違いを比較して、その理由考えると言う感じでいいのかなと。

自己分析の裏ずけと言う方が正しいかもしれません。

自己分析の仕上げにやるといいかなと。あまりにもズレがあったら、その理由を考えましょう。